プレミアリーグのクラブで「最もSNSで攻撃されていた」のはどこ?

© 株式会社コリー

インターネット規制当局の「Ofcom」が、サッカー選手に対するインターネットでの攻撃に関する調査結果を発表したそうだ。

『Guardian』が伝えたところによれば、プレミアリーグのサッカー選手618人のツイッターアカウントを調査し、直接タグ付けされた投稿を調べたもの。

その期間は2021-22シーズンの8月13日から1月24日。5ヶ月間に投稿された230万のツイートをレビューしたとのこと。

そして、その中にある「攻撃的なメッセージ」(中傷的なもの、否定的なステレオタイプなもの、冒とく的な表現や怒りの絵文字が過度に使われているもの、選手を脅迫するもの、嘲笑または侮辱するもの)を抽出したという。

5ヶ月間で選手に向けられた攻撃的なメッセージはおよそ6万件で、1日平均では362件。全選手の68%が嫌がらせ行為を経験していた。

そして、その6万件の攻撃的なメッセージのうち、およそ50%は12名の選手に向けたもので占められていた。そのトップ10は以下の通り。

  • クリスティアーノ・ロナウド:1万2520件
  • ハリー・マグワイア:8954件
  • マーカス・ラッシュフォード:2557件
  • ブルーノ・フェルナンデス:2464件
  • ハリー・ケイン:2127件
  • フレッジ:1924件
  • ジェシー・リンガード:1605件
  • ジャック・グリリッシュ:1538件
  • ポール・ポグバ:1446件
  • ダビド・デ・ヘア:1394件

また、クラブ別ではマンチェスター・ユナイテッドが突出して多かったとのこと。

  • マンチェスター・ユナイテッド:37892件
  • マンチェスター・シティ:5231件
  • チェルシー:4908件
  • アーセナル:3830件
  • リヴァプール:3743件
  • トッテナム:3059件
  • エヴァートン:1330件
  • アストン・ヴィラ:1305件
  • レスター・シティ:991件
  • ウェストハム:755件

そして、選手に対しての全ツイートのうち「攻撃的なものが送られた割合が高い」クラブは、なんとトッテナムだったという。

  • トッテナム:3.7%
  • マンチェスター・ユナイテッド:3.2%
  • エヴァートン:3.1%
  • クリスタル・パレス:3%
  • レスター・シティ:2.8%
  • マンチェスター・シテイ:2.4%
  • アストン・ヴィラ:2.2%
  • アーセナル:2.1%
  • マンチェスター・ユナイテッド:2%
  • リヴァプール:1.7%

【写真】「珍しい宗教や思想にハマった」サッカー選手6名

そして、攻撃的なツイートの割合が最も高かった選手はニューカッスル・ユナイテッドのDFキアラン・クラークであったとのことだ。彼は昨年11月30日のノリッジ選で退場になった際、記録的な虐待的ツイートでの嫌がらせ行為を受けていたそうだ。