欧州5大リーグ「移籍組」注目プレーヤー ジェズス、レバンドフスキら10人厳選…ハーランド超えの“最高額”タレントも

© 株式会社Creative2

チュアメニ、マネ、ハーランド、レバンドフスキ、ジェズス【写真:ロイター & Getty Images】

新天地へ移籍した注目10人をピックアップ、活躍期待度を独自査定

欧州主要リーグの新シーズンが開幕する。プレミアリーグ、ブンデスリーガ、リーグ・アンが8月1週目、セリエA、ラ・リーガが同2週目からスタートするのを受けて、今夏に新天地へ移籍した選手の中から、注目プレーヤー10人をピックアップ。新シーズンでの活躍期待度を、5段階評価(最高が5つ星=★★★★★)で独自に査定しながら、紹介する。※移籍金は「Transfermarkt」参照

■ロベルト・レバンドフスキ(FW/バイエルン・ミュンヘン→バルセロナ)
活躍期待度:★★★★(4つ星)
移籍金:4500万ユーロ(約61億円)

ブンデスリーガで得点王に輝くこと計7度。世界最高の点取り屋がバルセロナに上陸した。実績は文句のつけどころがなく、不安要素があるとすれば33歳で初挑戦となるラ・リーガへの適応だろう。

■オーレリアン・チュアメニ(MF/モナコ→レアル・マドリード)
活躍期待度:★★★★(4つ星)
移籍金:8000万ユーロ(約109億円)

加入1年目で欧州制覇に貢献したMFエドゥアルド・カマヴィンガに続くフランス期待の逸材が今年もマドリードへやってきた。移籍金8000万ユーロは現時点でマーケット最高額で、6年の長期契約も期待の大きさを物語っている。身長187センチと大柄で、フィジカルを生かしたプレーでテストマッチから存在感を発揮している。主力の高齢化が進む中盤での台頭が期待される。

■ラフィーニャ(FW/リーズ・ユナイテッド→バルセロナ)
活躍期待度:★★★(3つ星)
移籍金:5800万ユーロ(約79億円)

財政難が伝えられていたバルセロナだったが、蓋を開けてみれば積極的な補強を展開。ビッグクラブによる争奪戦が噂されていたこのラフィーニャも手中に収めた。プレシーズンマッチで実現したレアル・マドリードとのエル・クラシコでは得意の左足から名刺代わりのゴラッソを叩き込んで勝利に貢献している。フランス代表FWウスマン・デンベレ、レバンドフスキらとの共存が楽しみだ。

■ラヒーム・スターリング(FW/マンチェスター・シティ→チェルシー)
活躍期待度:★★(2つ星)
移籍金:5600万ユーロ(約76億円)

マンチェスター・シティで燻り気味だった男が决意の国内移籍。ウディネーゼとのテストマッチではエリア内での鋭い動き出しと巧みなフェイントを駆使して移籍後初ゴールを決めたが、突破力にはやや陰りも見られる。幼少期を過ごしたロンドンへの移籍で心機一転。再び主役を張ることができるだろうか。

■ガブリエウ・ジェズス(FW/マンチェスター・シティ→アーセナル)
活躍期待度:★★★★★(5つ星)
移籍金:5220万ユーロ(約71億円)

新たに9番を背負う新エース候補。このプレシーズンではセビージャ戦のハットトリックを含む5試合で7得点と大暴れ中。アーセナルにはFWブカヨ・サカ、MFマルティン・ウーデゴールなど優秀なチャンスメーカーが揃うだけに得点量産の予感が漂う。チームが昨季は果たせなかったトップ4返り咲きに向けたキーマンとなりそうだ。

ポグバは6年ぶりにセリエAへ帰還も、膝の負傷で戦線離脱

■カリドゥ・クリバリ(DF/ナポリ→チェルシー)
活躍期待度:★★★★(4つ星)
移籍金:3800万ユーロ(約51億円)

長らくセリエA最高のセンターバックとして評価され、ビッグクラブからの関心が絶えず伝えられてきた男が31歳でついに移籍を決断した。長身で、強靭なフィジカルに加え、抜群のスピードも備えるなど弱点らしい弱点は見当たらない。今夏に退団したドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(→レアル・マドリード)の代役という枠には収まらない活躍が期待できるはずだ。

■アーリング・ブラウト・ハーランド(FW/ドルトムント→マンチェスター・シティ)
活躍期待度:★★★★★(5つ星)
移籍金:6000万ユーロ(約82億円)

純粋な9番タイプが不在だったペップ・シティが迎え入れた待望のストライカー。味方との連係で崩す形はもちろん、アクロバティックなプレーや独力でこじ開ける“理不尽な”ゴールも多い。ブンデスでは半ば無双状態だったが、プレミアリーグでも通用するのか注目だ。悲願のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に向けた最後のワンピースとして期待も大きい。

■ポール・ポグバ(MF/マンチェスター・ユナイテッド→ユベントス)
活躍期待度:★(1つ星)
フリートランスファー

マンチェスター・ユナイテッドから2度目のフリー移籍で、6年ぶりにセリエAの舞台へ。主力選手が相次いで移籍しているなかで即戦力として期待されていたはずだったが、膝の負傷で戦線離脱が決定。大きく出遅れることになった。手術次第では11月のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も危ぶまれている状況で、しばらくはリハビリに専念することになる。キャリアの今後を左右する重要なシーズンとなりそうだ。

■サディオ・マネ(FW/リバプール→バイエルン・ミュンヘン)
活躍期待度:★★★(3つ星)
移籍金:3200万ユーロ(約43億円)

ユルゲン・クロップ監督のリバプールで不動のレギュラーに君臨していたスピードスターがドイツ王者に新加入。カップ戦王者のRBライプツィヒと激突したドイツスーパー杯(5-3)ではゴールを決めて、早速タイトル獲得に貢献している。タイプは異なるが、FWロベルト・レバンドフスキ(→バルセロナ)に代わる得点源としての期待は大きいはず。まずはユリアン・ナーゲルスマン監督のサッカーにどれだけ早く馴染めるかが鍵となりそうだ。

■南野拓実(MF/リバプール→モナコ)
活躍期待度:★★★(3つ星)
移籍金:1500万ユーロ(約20億円)

リバプールで国内カップ2冠の立役者となった“サムライ”はフランスへと活躍の場を求めた。昨季25得点を決めたエースFWウィサム・ベン・イェデルや16得点のドイツ代表FWケヴィン・フォラントらとともに攻撃を牽引する存在として注目を集める。プレシーズンマッチのサウサンプトン戦では先制点に絡んだほかにもポスト直撃のシュートを放つなど存在感を示していた。11月に開幕するカタールW杯を見据え、これからキャリアのピークに差し掛かる年齢(27歳)で選択した移籍は実を結ぶだろうか。(FOOTBALL ZONE編集部)