「さまざまな手段で説明」 原発処理水放出で経産相

 東京電力福島第1原発の処理水海洋放出に関し、地元から県民や国民の理解が不十分だとの声が出ていることについて、萩生田光一経済産業相は5日の記者会見で「年代層や業種別で関心事項が異なる。さまざまなツールで分かりやすい説明ができるよう準備を急ぎたい」と述べた。

 萩生田氏は「不十分だとの指摘を真摯に受け止め、丁寧な説明を続ける。効果的な情報発信の方法の検討を重ねていく」と説明した。

 海洋放出を巡り、福島県の内堀雅雄知事らは萩生田氏と3日に面談。内堀知事は、新たな風評被害への懸念を伝え、政府が前面に立ち正確な情報を発信するよう求めた。

© 一般社団法人共同通信社