少年ジャンプ+「怪獣8号」アニメ化が決定!“日常の中に怪獣が現れる世界”を覗く特報公開

© 株式会社イード

『怪獣8号』アニメ化発表ビジュアル(C)防衛隊第 3 部隊 (C)松本直也/集英社

集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて連載中の松本直也によるマンガ『怪獣8号』のアニメ化が決定した。これにあわせてアニメ化発表ビジュアルと特報が公開された。

浴衣で一緒にお祭りに行きたいキャラは? 3位「五等分の花嫁」三玖、2位「銀魂」神楽、1位は...【女性キャラ編】 <22年版>

『怪獣8号』の舞台となるのは、日常的に怪獣が人々をおびやかす世界だ。怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた主人公・日比野カフカは、一度はその夢を諦めるも、ある出来事をきっかけに再び防衛隊を目指す。
怪獣と隣り合わせの世界で、時に傷つきながらも逞しく生きる人々のドラマ、そして最新鋭の装備を備えた防衛隊と、無慈悲に襲い来る怪獣との大迫力のバトルが見どころの作品だ。

2020年7月より連載が開始されると、現在までにコミックスの累計発行部数は800万部を突破し、「ジャンプ+」累計閲覧数は驚異の3億超え。「次にくるマンガ大賞 2021」Webマンガ部門1位、2020年度コミックス第1巻年間売り上げ1位などに輝いており、メディア化前にして抜群の知名度を誇る。

海外に目を向けると、「MANGA Plus by SHUEISHA」をはじめとする複数のサービスを通じて8言語・一部地域を除く全世界で日本と同時配信中。プリント版は35の国と地域で刊行され、世界中で好評を博している。

「8号の日」となる8月5日に発表となったこのたびのアニメ化。あわせて公開されたアニメオリジナルのタイトルロゴは、作品のアイコンとなる印象的な「8」を中心として、“怪獣に対する畏怖と戦意”を感じさせるデザインになっている。
怪獣の脅威、それに立ち向かう防衛隊の戦いを象徴し、アニメーションならではの魅力をより一層引き立たせる。

また、本作の特徴である「日常の中に怪獣が現れる世界」を覗くかのような、迫力あるアニメ化発表特報もお披露目となった。陰影を帯びた市街地の写真には、作中の世界を感じさせる企業広告・交通表示があり、サイレンやざわめきが不安をかきたてる。

そして楽曲は、本編の劇伴作家が書き下ろした。怪獣の猛々しさを感じさせるオーケストラサウンドと、防衛隊の雄々しさを象徴するギターサウンドが、かつてない壮大な戦いを予感させる。現実と虚構が入り混じる世界で何が起こるのか。不穏さの中にも湧き上がるような期待を感じさせる仕上がりとなった。

アニメ『怪獣8号』の詳細は後日発表となる。今後の続報を楽しみに待ちたい。

(C)防衛隊第 3 部隊 (C)松本直也/集英社

浴衣で一緒にお祭りに行きたいキャラは? 3位「コナン」工藤新一、2位「夏目友人帳」夏目貴志、1位は... 【男性キャラ編】<22年版>

日野聡さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎 2年連続トップなるか!? <22年版>

“水キャラ”といえば? 3位「FAIRY TAIL」ジュビア、2位「鬼滅の刃」冨岡義勇、1位は... <22年版>

仲瀬 コウタロウ