奈良県 令和3年度一般会計決算 13億円黒字

© 奈良テレビ放送株式会社

 県が令和3年度の一般会計の決算を発表しました。実質収支は13億円の黒字で令和2年度(前年度)と同じ水準となりました。

 一般会計の歳入は新型コロナによる業績の低下から事業者が回復したことなどから県税が61億円増加し、前年度より67億円多い、6336億円でした。歳出では人件費や公債費などの義務的経費が前年度より162億円減少した一方で、新型コロナ対策の費用や社会保障関係経費が増加したことなどから前年度より89億円多い6302億円となりました。この結果、実質収支は前年度並みの13億円の黒字となりました。また、県債残高はピークだった平成26年度と比べ約1050億円減少しました。

 県では、新型コロナ対策など必要な施策は行いながらも県債残高を減らすなど効率的な財政運営につとめていきたいとしています。