5県が「BA・5対策強化宣言」 混雑した場所への外出抑制を

 宮城、新潟、岐阜、三重、岡山の5県は5日、新型コロナウイルスの「BA・5対策強化宣言」を出した。岐阜、三重は21日まで、他の3県は31日まで。高齢者や基礎疾患のある人、同居する家族に混雑した場所への外出を控えるよう呼びかけている。

 対策強化宣言は、感染急拡大を抑えるため、都道府県が自主判断で発信する。5県はいずれも、病床使用率が医療逼迫の目安とされる50%を超えた。

 5県は事業者に対しても協力を要請。従業員の在宅勤務を推進するよう求めるとともに、高齢者施設や学校などには特に感染対策の徹底を呼びかけた。

© 一般社団法人共同通信社