車で1時間以内!札幌からのドライブにぴったりな「日本海の絶景スポット」4つ

© INCLUSIVE株式会社

北海道中西部、小樽市や石狩市などが面する石狩湾沿いには、日本海の絶景を楽しめるスポットがたくさんあります。

そんななかでも今回は、札幌市からドライブで気軽に立ち寄れる絶景スポットをご紹介。海を眺めて日常から開放されたい方、思い出に残る海デートをしてみたい方も必見です。絶景で心の底から癒やされてみませんか?

1:車も停めやすくて夕日も綺麗!「あそびーち石狩(石狩浜海水浴場)」

出典: 北海道Likers

札幌市中心部から車で50分ほどの石狩市の「あそびーち石狩(石狩浜海水浴場)」。

コロナ以降は開放感を求めてか、夏場だけではなく季節はずれの海を見に来る方もちらほら。海水浴シーズンは駐車料金がかかりますが、それ以外は無料で近くの駐車場に車を停めて海を見ることができます。

出典: 北海道Likers

石狩浜からの夕日は沈むまでしっかりと眺めることができて、とても綺麗です。砂浜に座ったり、波打ち際に足を浸したりとゆっくりとした時間を過ごすのにおすすめです。

カップルだけではなく、お友達同士やお一人で来ている方も。筆者が行った際には、泳がずにバーベキュー目的のグループもいました。

すぐ近くには日帰り入浴も可能な石狩温泉「番屋の湯」もありますよ。

2:穏やかな波の癒やし…「銭函のビーチ」

出典: 北海道Likers

「銭函海水浴場」がある小樽の銭函。国道5号線を利用するとアクセスがよく、札幌市中心部からは車で40分ほどです。小樽市のなかでも札幌寄りなので、札幌市内からのドライブやバイクツーリングにもほどよい距離感です。

JR銭函駅前にコイン式のパーキングがあり、銭函駅からは徒歩で10分ほどです。有料の「銭函海水浴場駐車場」は夏のみの利用なので要注意。

出典: 北海道Likers

銭函の海は、防波堤がしっかり築かれていて日本海の割には波が穏やかです。まわり一帯が堤防で囲まれていて、ここで飲み物を飲んだり、座っておしゃべりをしたりして過ごす人も。堤防のすぐ横が遊歩道のようになっており、海を眺めながら散歩もできます。

海の近くにはアイスクリーム屋などもあり、最近は若者にも人気のエリアになっています。銭函駅周辺には海を間近に感じられるカフェがあり、こちらもおすすめです。

3:海が眼下に!張碓(はりうす)の絶景カフェ「View Cafe Your Time」

札幌方面から国道5号線で銭函エリアを越えて小樽方面へ向かうと、桂岡と朝里の間に張碓(はりうす)という地名があります。張碓は絶景が見られるカフェが点在しているエリア。

スピードにのってドライブをしているとうっかり通り過ぎてしまいそうになるのでご注意を。(国道5号線にくらべて入り口が非常に狭いのと、札幌から向かうと右折になるので運転には気をつけてください)。

張碓は小高いところに位置していて、眼下に海が広がります。ここからの絶景に浸れば日ごろの悩みが小さく感じられそう。とても贅沢な時間になると思います(カフェを利用の際は、営業時間が夕方くらいまでのお店が多いので注意してくださいね)。

出典: 北海道Likers

そんな張碓で、お一人でも大人のデートにもおすすめなのがカフェ「View Cafe Your Time」さんです。カウンター席もあり、お一人でも入りやすいお店です。

出典: 北海道Likers

一面がガラス張りになっている「View Cafe Your Time」さんからの眺め。写真は、ちょうど日が沈むころです。この景色を眺めながら飲むコーヒーは格別……。贅沢な時間です。

コーヒーだけではなく、角煮がたっぷり入ったカレーもおすすめです。とても美味しくて、お腹も満たされますよ。

<店舗情報> ■店名:View Cafe Your Time ■住所:北海道小樽市張碓町351番地 ■電話:0134-62-1239 ■営業時間:11~19時 ■定休日:火曜、第1・3・5水曜(12~2月は火~水曜)

番外編:雨でも大丈夫!「小樽築港」

出典: fotosM / PIXTA(ピクスタ)

「ドライブ中に雨が降ってきた。はたまたお目当ての絶景カフェが定休日だった。せっかくおでかけしたのに……」大丈夫です。JR小樽築港駅から至近距離にあり、海側に面した巨大ショッピングモール内にあるフードコートは、海側が一面ガラス張りになっています。ここからゆっくり海とヨットハーバーを見るのもまた良いんです。

おすすめの日本海の絶景スポットをご紹介しました。綺麗な海のために、ゴミの持ち帰りと駐車や騒音などの近隣の方へのマナーを守って、気軽に行ける札幌市近郊の海でリフレッシュしてみてくださいね。

【画像】fotosM / PIXTA(ピクスタ)

この記事はいかがでしたか?