線路・駅で冠水や土砂流入…福井の大雨の影響で特急サンダーバード・しらさぎが4日間運転取りやめ

© 石川テレビ

JR西日本は福井県で発生した大雨の影響で、6日から9日までの4日間、北陸本線の敦賀=武生駅間を走る特急を全便運転取り止めとすることを発表しました。

JR西日本金沢支社によりますと、福井県で発生した大雨の影響で北陸本線の敦賀=武生駅間にある線路や駅構内で5日水に浸かったり、土砂が流入したりするなどの被害が確認されました。

現在、被害の状況などを確認中だということですが、復旧には時間がかかる見込みで、JR西日本は6日から9日までの4日間、この区間を運行する全ての特急列車の運転を取り止めることとしました。

これにより4日間で金沢と大阪などを結ぶ「特急サンダーバード」は上下線合わせておよそ200本、金沢と名古屋などを結ぶ「特急しらさぎ」はおよそ120本が運転取り止めとなります。

10日以降の運行については決まり次第、発表するということです。