岩田剛典「ほん怖」でホラー初主演 「鎌倉殿の13人」梶原善が幽霊物件の管理人役

© 株式会社シネマトゥデイ

ドラマパート2弾「謝罪」で主演を務める岩田剛典 - (C)フジテレビ

EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE のパフォーマーで俳優の岩田剛典が、8月20日にフジテレビ系土曜プレミアム枠(毎週土曜夜9時~)で放送される「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」に出演することが明らかになった。ドラマパートの第2弾「謝罪」で主演を務める。引っ越し先のマンションで夜な夜な怪奇現象に悩まされる会社員を描く王道の心霊ストーリーで、岩田にとってホラー作品への出演は初。また、放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の仕事人・善児役も話題の名バイプレイヤー・梶原善がマンションの管理人役で「ほん怖」に初出演する。

1999年にスタートした「ほんとにあった怖い話」(通称:『ほん怖』)は、実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くホラーエンターテインメント。心霊体験をした視聴者の証言をもとに、ゾッとする恐怖や心霊現象の不安に翻弄(ほんろう)される人々を描く。稲垣吾郎がクラブリーダーを務め、小学生を中心に構成されたクラブメンバーと共に恐怖体験を紹介していく。これまでドラマパート1弾「非常通報」に神尾楓珠大友花恋千原せいじ田中美佐子が出演することが発表されている。

「謝罪」で岩田が演じるのは、仕事で契約に失敗し、地方の支社に転勤となった会社員・福本光生(ふくもと・こうせい)。妻と1歳の息子がいる。越してきたマンションは昼間にもかかわらず薄暗く、不穏な雰囲気をただよわせる物件だった。マンションの管理人(梶原)から鍵を受け取り、部屋で荷ほどきをしていると、「コンコン」と玄関のドアをノックする音が聞こえる。時計を見ると、時刻は夜7時。ノック音は鳴りやまず、「ねえ……あけて」という女の声も聞こえ、光生は恐る恐る玄関を確かめるがドアの前には誰もいない。その翌日も再びドアをノックする音と女の声に悩まされ、さらには泣き声まで聞こえてくる。そこで翌朝、光生は身に起きた現象について管理人に相談すると、管理人は口ごもりながらも前に入居していた男性の恋人が訪れた可能性を告げる。しかし、その女はもうこの世にはいなかった……。

梶原善演じるマンションの管理人

主演の岩田は出演に「物心つくころから拝見していた番組に出演させていただけるので、とてもうれしいです! 脚本も読ませていただき、緊張感のある作品にできればいいなと思っています。お化けが出てくる“ザ・ホラー”な作品は初めてなので、撮影含めて新鮮ですね。ちなみ今までお化けは見たことがないので……しっかり想像を膨らませて演じます(笑)」とコメントしている。

主演の岩田、プロデュース・大野公紀のコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」は8月20日21時~23時10分、フジテレビ系で放送

岩田剛典

●出演が決まった際の感想
「物心つくころから拝見していた番組に出演させていただけるので、とてもうれしいです! 脚本も読ませていただき、緊張感のある作品にできればいいなと思っています。お化けが出てくる“ザ・ホラー”な作品は初めてなので、撮影含めて新鮮ですね。ちなみに今までお化けは見たことがないので……しっかり想像を膨らませて演じます(笑)」

●ドラマ「謝罪」の見どころ
「『謝罪』では、より多くの緊張感を届けたいと思っています。ストーリーとしては王道なホラーストーリーだと思いますが、その中でいかに恐怖感や緊張感を出すことができるか。自身のセリフで少しでも緊張感を生み出すことができたらいいなと思います」

●自身が体験した不思議な出来事は?
「最近はライブ中ということもあって、体のメンテナンスで鍼灸院に通っているんです。鍼を刺して治療するのですが、なぜか体中にアザができてしまって……。痛みとかはないのですが、ファンの方やメンバーに心配されたりするんですよ(笑)。ただの鍼の跡で何もないので心配しないでください(笑)」

●自身にとっての夏の風物詩は?
「本当は海や花火って言いたいのですが、やっぱり外でバーベキューが定番になっていますね。番組の企画ではありますが、今年は三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーともバーベキューができて楽しかったです。明るいうちからみんなで準備しながら、ワイワイご飯作って食べるのはやっぱり楽しいですね」

●視聴者にメッセージ
「夏の風物詩でもある『ほん怖』に初めて出演させていただきます。次の日に職場や学校で同僚、友達などとの話題になるような、緊張感満載の作品にできるように頑張ります! 楽しみに待っていてください!」

プロデュース・大野公紀(フジテレビ ドラマ・映画制作センター)

「怖さとドラマ性を兼ね備えた『謝罪』は、ここぞというときのために温めてきた作品です。迫り来る恐怖はもちろん、意外な後日談まで、最後まで目が離せない展開になっています。そんな『謝罪』を今回、岩田剛典さんに演じていただけることはこの上ない喜びです。岩田さん演じる光生は、妻と1歳の息子と暮らす会社員。仕事で責任を取らされ複雑な思いを抱えながら訪れた単身赴任先で、毎晩のように心霊現象に悩まされます。柔和な雰囲気と繊細な演技で多くの人を魅了し続ける岩田さんが、初のホラー作品で見せた緊迫の表情にぜひ注目してください」