滑って止まる助っ人が「おお、すげぇ」 珍走塁にファン仰天「今までにない発想やな」

© 株式会社Creative2

珍走塁を見せた日本ハムのレナート・ヌニエス【画像:パーソル パ・リーグTV】

ヌニエスは三塁を蹴ったところでスライディングで急停止した

■オリックス 5ー2 日本ハム(5日・京セラドーム)

日本ハムのレナート・ヌニエス内野手が5日に京セラドームで行われたオリックス戦で珍走塁を見せた。三塁を蹴ったところで急停止するためにスライディングを敢行。「これは凄いな! 勉強になった!」「今までにない発想やな」「いや、頭いいなその止まり方w」とファンも感心していた。

4回1死二塁で近藤が放った右前打。二塁走者のヌニエスはホームを目指して三塁を蹴ったが、そこで三塁コーチがストップの合図を送った。ここでヌニエスは足からスライディングして急停止。立ち上がると素早く三塁に戻った。

「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【ストーップ!!】ヌニエス『斬新すぎる方法で“急停止”』する」のタイトルで動画を投稿すると、ファンは「なんで今まで誰もやらなかったんだろう」「賢い」「ああやって止まらないと怪我するだろうからな」「意外とこの急停止方法が当たり前になるかも笑」「おお、すげぇ これはなかなか出来ない芸当だな」と声を寄せた。走塁での急停止は足を痛めるリスクが伴う。“スライディングストップ”は今後浸透していくかもしれない。(Full-Count編集部)