「SLばんえつ物語」当分運休 若松―喜多方は臨時ダイヤ

© 福島民友新聞株式会社

 JR磐越西線喜多方―山都間の橋梁崩落を受け、JR東日本は5日、新津(新潟県)―会津若松間を運行する快速「SLばんえつ物語」を6日から当分の間、運休すると発表した。

 SLばんえつ物語は1999(平成11)年4月から運行。基本的に土、日、祝日に新津―会津若松間を1往復し、写真愛好家をはじめ多くの県民などに親しまれていた。

 運転再開について同社は、橋梁の復旧時期とも関係するため「現時点では未定」としている。

 また、同社は磐越西線会津若松―喜多方間の臨時ダイヤを発表した。同区間は折り返し運転を同日の始発から行っている。臨時ダイヤは、これまでのダイヤより本数は一部少なくなる。最新の情報は、同社ホームページから確認できる。