「ロシアが原発停電狙う」と非難 ウクライナの国営企業

4日、ウクライナ・ザポロジエ原発の近くで警戒に当たるロシア側兵士(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは6日、ロシアが占拠しているウクライナ南部ザポロジエ原発への5日の攻撃に関し、ロシアによる「テロ行為」だと改めて批判した。ロシアが「原発の停電を狙っている」と主張し、「大惨事につながる可能性があり、欧州全体に影響する」と非難した。

 国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は6日の声明で「原発の安全性を危険にさらす軍事行動は容認できず、避けなければならない」と訴え、全ての当事者に「最大限の自制」を求めた。攻撃について、ロシアとウクライナは相手側の責任を主張している。

© 一般社団法人共同通信社