萩生田経産相、続投に意欲 原発処理水など課題多く

記者会見する萩生田経産相=8日午前、経産省

 萩生田光一経済産業相は8日の閣議後記者会見で、内閣改造での自らの人事について「継続してやっていくことが望ましいのではないか」と続投に意欲を示した。東京電力福島第1原発の処理水海洋放出など足元の課題への対応を理由に挙げた。

 福島第1原発の事故処理を「経産省にとって最も重要な案件」と指摘した上で「人が代わって大丈夫なのかという思いはある」と強調した。経産省はエネルギーの安定調達や脱炭素の推進など課題が多い。萩生田氏は経産相続投や政調会長など自民党の要職で起用する案が浮上している。

© 一般社団法人共同通信社