10月7日に衛星打ち上げ イプシロン6号機

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、宇宙ベンチャー企業QPS研究所(福岡市)の小型観測衛星などを小型固体燃料ロケットのイプシロン6号機で10月7日に打ち上げると発表した。ロケットは内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から発射する。

 他に宇宙空間での技術実証を目的とした名古屋大や米子高専、九州工業大などが開発した5基の超小型衛星も放出する。

 JAXAはこれまでにイプシロンを5機打ち上げ、いずれも成功している。今回は初めて受注した民間衛星となる。

© 一般社団法人共同通信社