全国高校野球選手権大会1回戦・天理が山梨学院との接戦制す

 阪神甲子園球場で開催中の全国高校野球選手権大会で8日、奈良代表の天理が山梨代表の山梨学院との接戦を制し、初戦を突破しました。

 安定した投手力と繋ぐ野球で奈良大会を勝ち上がった天理に対するは、地方大会のチーム打率4割超えの強打・山梨学院です。
天理は4回、1アウトから4番・キャプテン戸井。自分が打ってチームに勢いをつけたかったとチーム3本目となるヒットで出塁します。そして2アウトとなり打席には、6番・内藤。ランナーをかえそうというその気持ちだけでした。打線が繋がり、天理が先制します。6回にも、2アウトから4番・キャプテン戸井。続く5番・山村がレフトへうまく運び、貴重な追加点を奪います。天理、投げてはエース・南澤。打たせて取るピッチングで8回まで、強力・山梨学院打線をヒット5本に抑えます。9回、2アウトから1点を許しますが、意識して冷静になったと後続を打ち取りゲームセット。投打ともにかみあった天理が2対1、山梨学院との接戦を制し、2回戦進出です。

南澤投手
「自分が打たれなければ負けないので、そこは初回からずっと意識して野手も打ってくれると信じて投げていました。」

戸井主将
「次の試合も強い相手になってくると思うので、なんとか守備で我慢して攻撃につなげて粘り強い天理野球を見せたいと思います。」

天理の2回戦は大会7日目・8月12日の予定で、強打を誇る長崎の海星と対戦します。

© 奈良テレビ放送株式会社