日本が競り勝ち2勝1敗 日米対抗ソフトボール

第3戦後、取材に応じる日本代表の後藤=横浜スタジアム

 ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗は8日、東京五輪決勝が行われた横浜スタジアムで最終第3戦が行われ、東京五輪金メダルの日本は同銀メダルの米国に1―0で競り勝ち、2勝1敗で終えた。

 1万2千人を超える観衆が見守る中、日本は後藤(トヨタ自動車)が109球、11奪三振で3安打完封。6日の第1戦でも127球で13三振を奪い、1失点完投勝利を挙げた左腕は「まだ伸びしろがある。エースという存在になれるようにしたい」と貪欲だった。

© 一般社団法人共同通信社