すべての列車の車種に適応、スマートホームドア技術を初めて開発―中国

ホームドアは駅や地下鉄などのプラットホームで、旅客を列車から隔離し安全を保証する装置だ。複数種類の列車の停車需要を満たすために、中鉄第四勘察設計院集団が「すべての列車の車種に適応するホームドア」を発明し、プラットホームの任意の位置を乗車エリアにできる。これにより、乗客は安全かつ効率的に高速列車に乗車できる。科技日報が伝えた。

スマートホームドアはさらに、プラットホームの床に表示されたさまざまな種類の標識の代わりに、嵌め込み型ホームドアスマート化待合案内システムを初めて開発した。適応アルゴリズムにより、列車のダイヤ、管制指示、旅客サービスシステムなどの情報を融合処理し、ホームドアにリアルタイムで列車番号や車両番号などの待合案内情報を表示する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

© 株式会社 Record China