横浜、聖光学院など勝つ 全国高校野球選手権第4日

日大三―聖光学院 5回裏、2点本塁打を放ち、抱き合って喜ぶ聖光学院・高中(左)ら=甲子園

 全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、横浜(神奈川)聖光学院(福島)社(兵庫)二松学舎大付(東東京)が2回戦に進出した。

 横浜は三重を4―2で退けた。三、八回に2点ずつを奪い、杉山が6安打完投。聖光学院は高中が五回に逆転2ランを放ち、日大三(西東京)に4―2で勝った。

 夏初出場の社は堀田が完投。新型コロナウイルスの集団感染で、メンバーを10人入れ替えた県岐阜商を10―1で下した。

 二松学舎大付は八、九回の失点で札幌大谷(南北海道)に追い付かれたが、九回の好機に親富祖の三塁線を破る安打と左翼手の失策で、3―2でサヨナラ勝ち。

三重戦に先発した横浜・杉山=甲子園
県岐阜商戦で1失点完投の社・堀田=甲子園
二松学舎大付―札幌大谷 9回裏二松学舎大付1死一、二塁、親富祖が左翼線に安打を放つ。守備の乱れが絡み、二走押切(手前)がサヨナラの生還を果たす=甲子園

© 一般社団法人共同通信社