海外から帰国したパンダ「二順」が生んだ双子パンダ、すくすく育つ―中国

海外から帰国したジャイアントパンダの「二順(アルシュン)」が重慶動物園で今年7月22日に生んだ雄の双子パンダがこのほど公開された。人民網が伝えた。

2007年生まれの「二順」は、「友好の使者」として、2013年3月から、カナダのトロント動物園とカルガリー動物園に続けて滞在し、2020年11月末に帰国した。 カナダ滞在中の2015年10月13日に、「二順」は双子の「加悦悦(ジアユエユエ)」と「加盼盼(ジアパンパン)」を出産した。

中国に帰国した「二順」は今年3月、中国ジャイアントパンダ保護研究センターで、雄パンダ「青青(チンチン)」との自然交配に成功した後、7月22日午前8時49分と午前9時8分に、双子の雄の赤ちゃんを出産した。出生時の体重は、兄パンダが132グラム、弟パンダは91グラム。誕生から約半月、重慶動物園の飼育担当者の手厚い世話を受け、赤ちゃんパンダはすくすくと成長。兄パンダは元気いっぱいで活発、食欲旺盛で体重は420グラムまで増えた。弟パンダは、兄パンダに比べて小柄で、現在の体重は257グラムとなっている。

パンダの「二順」が双子を出産したのは今回が2回目となり、帰国後初めての出産となった。また、海外から帰国して重慶動物園で飼育されているパンダが双子を出産したケースも今回が初めてとなる。

重慶動物園は、1960年代からジャイアントパンダの飼育をスタートし、1980年代から繁殖・生育を始めている。2022年8月8日の時点で、重慶動物園では計30頭の赤ちゃんパンダが誕生し、うち双子が13組、三つ子が1組となっている。同園では現在、21頭のパンダが飼育されている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

© 株式会社 Record China