150万本のヒマワリがニッコリ 豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場で見頃【大分県】

満開のヒマワリをバックに写真撮影=豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場

 【豊後高田】豊後高田市見目の長崎鼻リゾートキャンプ場で、ヒマワリが見頃を迎えている。周防灘に面した段々畑約15ヘクタールに約150万本が咲き、8月下旬まで楽しめそう。

 地区では2011年から耕作放棄地を活用した花公園の整備に取り組み、菜の花やアジサイなど季節の花を植えている。施設を管理するNPO法人長崎鼻B・Kネットによると、今年は梅雨明けが早く、初めて盆前に満開を迎えたという。

 友人と訪れた豊後大野市の幼稚園教諭羽田野涼子さん(22)は「ヒマワリが大好きでいつか来たいと思っていた。すごくきれい」と喜んだ。

 施設では、開花シーズンの13日~9月4日の期間、フォトコンテストや敷地内に設けた迷路を使ったキーワードラリーを開催。カフェ「花キッチンfiore(フィオーレ)」は地元産バジルとヒマワリオイルを使用したパスタ、ヒマワリパフェを期間限定で提供している。

 開花状況など問い合わせは長崎鼻リゾートキャンプ場(0978.54.2237)。

© 有限会社大分合同新聞社