大阪桐蔭6―3旭川大高 終盤に逆転し競り勝つ

大阪桐蔭―旭川大高 7回裏大阪桐蔭無死、伊藤が左中間に勝ち越し本塁打を放つ。投手池田、捕手大渕=甲子園

 大阪桐蔭が競り勝った。2―3の六回に海老根のソロ本塁打で同点。七回は先頭の伊藤の本塁打で勝ち越し、松尾、丸山の適時打で2点を加えた。先発の川原は力のある直球を主体に8回を3失点でまとめ、九回は別所が抑えた。旭川大高は一回に1点を先制、三回に藤田の2点本塁打で3―0としたが、好機であと一本が出ず、九回は2死満塁を逸した。

© 一般社団法人共同通信社