3Dプリンターで住宅建築 新興企業「車を買える値段で」

3Dプリンターで造ったセレンディクスの住宅「Sphere」(セレンディクス提供)

 兵庫県西宮市の新興企業「セレンディクス」が、3Dプリンターで造るコンクリート製の小型住宅を発売した。24時間以内の完成が可能で、価格は330万円。グランピング施設や災害時の仮設住宅などとしての活用を想定する。将来は「車を買える値段で住宅を提供し、人類を住宅ローンから解放したい」との理想像を描き、さらなる研究開発を進めている。

 同社は電気自動車(EV)のベンチャー企業の創業経験を持つ小間裕康社長(45)と、東南アジアで高級コンドミニアム建築を手がけていた飯田国大最高執行責任者(COO)(49)が「世界最先端の家を造ろう」と意気投合し、2018年に設立した。

3Dプリンターで造ったセレンディクスの住宅「Sphere」=7月、愛知県小牧市

© 一般社団法人共同通信社