明秀学園日立2―1鹿児島実 明秀学園日立が逆転勝ち

鹿児島実―明秀学園日立 7回裏明秀学園日立1死一塁、伊藤の右前打に失策が絡み、代走緑川が同点の生還。捕手浜崎綜=甲子園

 明秀学園日立が逆転勝ち。0―1の七回1死一塁から伊藤の右前打に右翼手の失策が絡んで一塁走者がかえり同点。八回は佐藤の安打を足場に、2失策で勝ち越した。三回途中から石川を救援した猪俣は四回以降、得点を許さなかった。

 鹿児島実は赤崎が粘り強く投げただけに、終盤の守備の乱れが痛かった。再三の好機であと一本が出なかったのも響いた。

© 一般社団法人共同通信社