「クレヨンしんちゃん」は大げさではなかった…子どもの写真に反響―中国ネット

2022年8月8日、中国版ツイッター・新浪微博(ウェイボー)で、「クレヨンしんちゃんは大げさではなかった」というハッシュタグ付きのツイートが注目を集めている。

中国のあるネットユーザーが「原来蝋筆小新没有用誇張手法(クレヨンしんちゃんは大げさではなかった)」というハッシュタグ付きで、「クレヨンしんちゃんはうそではなかった。アニメはどうやら実生活から着想を得ているようだ」というツイートと一緒に数枚の子どもの画像をアップした。

画像は全て、子どもの輪郭や頰のふくらみ具合がまるでアニメの「クレヨンしんちゃん」のキャラクター「野原しんのすけ」にそっくりで、中には父親の胸に抱っこされている子どもが、抱っこひもから体を伸ばして、父親が食べている豆腐スープをこっそり盗み食いしようとする画像もあった。

「クレヨンしんちゃん」は中国でも長年愛されている作品で、1日には複数のアニメブロガーが「野原ひろしがついにローン完済」とツイートすると、祝福のコメントが多く寄せられ、トレンド入りを果たした。1990年8月に同作の漫画連載が始まった時、「野原ひろし」のセリフに「家のローンがあと32年残っている」とあったことから、計算上は2022年8月に完済になるという。

このツイートに対し、他のネットユーザーからは「かわいい」「見ていたら子どもが欲しくなった」「オラも豆腐食べるぞ、オラもオラも」「口が豆腐に届く前に顔が先に届いている」「クレヨンしんちゃんの実写版」などのコメントや子どもの画像が多く寄せられている。(翻訳・編集/原邦之)

© 株式会社 Record China