女性の仕事と育児をバックアップする働き方「ママポスト」から得られる啓示とは―中国メディア

女性は、出産という重要な役割を担っているだけでなく、社会における大切なヒューマン・リソースでもある。しかし、出産と仕事の板挟みになっている女性も多い。そんな中、広東省中山市などの地域では最近、「ママポスト」と呼ばれ、女性のために設置されたフレックスタイム制で働いて仕事と家庭を両立できるポストが注目を集めている。光明日報が伝えた。

■子持ちママのジレンマ解消

広東省中山市港口鎮の女性・黄春花(ホアン・チュンホア)さん(29)は、ベルトコンベヤーの上に流れて来るスピーカーを手に取り、慣れた手つきで本体の裏に操作ガイドを貼っていた。これらのスピーカーは海を渡って欧米諸国に輸送され、商業施設の商品棚に並べられることになる。

黄さんの月給は約4000元(約8万円)。勤務時間は自由が利き、いつでも休みを取ることもできるという。休んだ時は、オールラウンドをカバーできる従業員が代わりに働き、休んだ分をその月の別の時間帯で埋め合わせをするかは自分で決めることができる。

そのため、黄さんは子供の送り迎えの時間と、仕事の時間が重なり、ジレンマを感じることもなくなった。そして何より注目すべき点は、彼女の受け取るべき給料や福利厚生が全く影響を受けていない点だ。

中山市では、女性が仕事と育児を両立できるフレックスタイム制の仕事を、「ママポスト」という親しみやすい名で呼んでいる。

黄さんが働いている会社には、「ママポスト」で働く女性が236人おり、第一線で働く従業員の約3分の1を占めている。中山市全域を見ると、企業約160社が「ママポスト」を設置し、4000人以上がそのポストで働いており、さらにその人数は増加の一途をたどっている。

広東省仏山市では、ECや貿易、工業・生産、家事代行サービスなどの企業約250社が「ママポスト」を開設しており、子供を持つ女性3200人以上に雇用機会を提供している。

■フレックスタイム制を導入できたのはなぜ?

黄さんや同僚は「ママポスト」で働く前、「残業や出張で家族の世話ができなかったり、仕事に専念できないため、会社に嫌がられたりしたことがある」と、なかなか仕事と家庭を両立できないジレンマを抱えていた。

その一方で、新型コロナウイルス感染拡大を背景に、地元に戻る出稼ぎ労働者が増え、人材不足に悩まされている企業も多い。そして、受注数が回復するにつれて、ため息をついている企業も多く、納品を間に合わせるために、応援で働ける人を探し回らなければならないことも多いという。

女性が子供の世話に縛られて動きが取れなくなっている一方で、企業が人材不足に悩んでいるという現状を見て、中山市婦女聯合会の余建思(ユー・ジエンスー)会長は、「女性と企業の架け橋になることはできないか?」と考え、「そのアイデアに基づいて、当聯合会は社会に『ママポスト』を導入するよう呼び掛けた」という。

2021年5月、中山市で「ママポスト」が試験的に導入された。そして、同市人力資源社会保障当局や各級の婦女聯合会が共同で、雇用機関に足を運び、一部の企業から、フレックスタイム制で雇うことができるという情報が集まり、需要と供給の情報マッチングから着手した。

そしてほどなくして、ヘッドセラピストや塗装工、客室清掃員、機械組立工など第1陣となる人材募集情報が、フレックスタイム制の「ママポスト」というネーミングで、中山市婦女聯合会の微信(WeChat)の公式アカウントで配信された。

すると、大きな反響があり、2~3時間でクリック数が6000~7000回に達したといい、同聯合宣伝・教育グループ連絡部の張慧(ジャン・フイ)部長は「こんなことは非常に珍しい」と振り返った。コメント欄にはネットユーザーから、「各鎮・区に普及させてほしい」「編集、校正といった一定のスキルが必要なポストも増やしてほしい」というメッセージが寄せられたといい、余会長は「これらのフィードバックを見て、出産後も女性は働くことを強く願っていることが分かり、『ママポスト』の導入を続ける決意を強めた」と話す。

■「ママポスト」設置で女性の労働参加率高まる

「ママポスト」設置について、一部の企業は「社会的責任を担うことを考慮に入れた『利益還元』活動だ」との見方を示した。黄さんが働く会社の責任者・余清(ユー・チン)さんも当初はそう考えていた。

そして、「『利益還元』という言葉を使うのは、出産後の女性を雇用する場合、企業が支払う人件費が多くなるからだ。黄さんが働く流れ作業を例にすると、いつ休むか分からないため、生産に影響が出ないように、オールラウンドをカバーできる従業員のポストを増設し、いつでも代わりを配置できるようにしておかなければならない。企業にとっては、労働時間という面でも損失が出るし、生産の流れや管理の変更など、余分なコストが必要となる」と説明する。

しかし、余さんは、「ママポスト」で働く女性は、仕事の時間こそフレックスタイム制であるものの、意外にもその業績はとても高いことを発見したという。統計によると、「ママポスト」で働く女性の場合、流失率は約5%ととても低い。その他のポストの従業員は15%になることもざらで、季節によっては30%を超えることもあるという。また、帰属感が強く、忠誠度も高いため、「ママポスト」の作業効率や製品の合格率も他の従業員よりも高くなっている。そのため、同社はハイエンド製品の生産を「ママポスト」で働く女性に安心して任せているという。

近年、中国の経済や社会が発展するにつれて、出産率は低下し、労働力人口は減少の一途をたどり、人口ボーナスが不可逆的に少しずつ減少するというのが現状だ。鄭州大学商学院の陳梅(チェン・メイ)准教授は、出産適齢期の女性は出産という重要な役割を担っているだけでなく、社会における大切なヒューマン・リソースでもあるとの見方を示す。「中国の人口の半分を占める女性が、労働力において重要な位置を占めていることに留意しなければならない。人口ボーナスが少しずつ減少しているのを背景に、『ママポスト』といった柔軟性のある雇用ポストを設置することは、女性の労働参加率を高め、女性労働者やスキルを活用し、経済成長を促進するうえで重要な意義がある」との見方を示している。

そのため、多くの学者が「人口ボーナスから男女ボーナスに目を移し、女性の労働参加率を高め、女性労働者やスキルを活用すれば、新たな経済成長をもたらし、経済、社会の面で大きな影響を及ぼすことができる」との見方を示している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

© 株式会社 Record China