韓国食材のナリタ 新工場開設を検討 量販店向け卸を強化 生産増で販路拡大、冷凍総菜にも対応へ

常温総菜を製造する大門支店(名古屋市中村区)

 韓国食材を製造販売するナリタ(本社名古屋市中村区椿町7の15、成田政雄社長、電話052.451.1560)は、新たな工場の開設を検討している。早くて来年中に完成させたい考え。現在は大門支店(名古屋市中村区)内で常温のキムチや総菜を製造しており、新工場では専用設備を入れて冷凍総菜も扱う予定。生産量を上げ、量販店への卸を強化する。

© 株式会社中部経済新聞社