【北海道の天気 8/11(木)】地震や大雨で地盤緩む…夜は再び南西部で大雨!土砂災害に十分注意

(吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時45分現在

◆雨雲の予想

道南は、昼過ぎから雨が降り出すでしょう。

夜になると雨雲が発達します。

雨のピークは11日(木)夜遅くとあす12日(金)朝の2回ありそうです。

予想雨量は、あす12日(金)の昼までに多い所で150ミリです。

◆11日(木)午後の天気

道南は、あと、数時間で雨が降り出す見込みです。

これまでの雨、土にはすでに水分がたっぷり含まれています。

あっという間に道路が冠水するおそれがあるので、ご注意下さい。

札幌は、夜遅くからの雨で、日中は傘の必要はありません。

中川町では、日付が変わってからにわか雨がありそうです。

地盤が緩んでいるので、崖や斜面の近くは気を付けてください。

◆11日(木)の予想最高気温

北見は、31℃、札幌、旭川、帯広で30℃の予想です。

祝日で外出される方は、車には、子どもやペットは、

残していかないようにしてください。

◆熱帯低気圧が台風へ発達

日本の南にある熱帯低気圧は、

あす12日(金)までには、台風に変わり、北上する予想です。

北海道には、14日(日)に最も近づく可能性があります。

予報円にかかる可能性もありますので、今後の動きに注意をしてください。

◆週間予報

・日本海側とオホーツク海側

あす12日(金)の雨は、朝までで、日中は天気が回復しそうです。

13日(土)も晴れる所が多いでしょう。

15日(月)から16日(火)にかけては、大雨となるおそれがあります。

中川町は引き続き、土砂災害に要注意となりそうです。

・太平洋側

あす12日(金)の昼にかけて激しい雷雨となるでしょう。

15日(月)と16日(火)は、再び大雨になるおそれがあります。

最新の情報をこまめに確認するようにしてください。

© 北海道文化放送株式会社