明徳義塾1―2九州国際大付 九州国際大付が競り勝つ

明徳義塾―九州国際大付 3回裏九州国際大付2死二塁、小田原が右翼線に適時打を放つ=甲子園

 九州国際大付が競り勝った。香西が5安打1失点で完投。速球にチェンジアップなどの変化球を交えた緩急が絶妙だった。打線は1点を追う三回に小田原の適時打で同点、四回は無死二塁で黒田のバント安打に失策が絡んで勝ち越した。

 明徳義塾は三回に先制したが、その後は好機を生かせず、2失点で辛抱した吉村の好投に報いることができなかった。

© 一般社団法人共同通信社