平城宮いざない館 夏のイベント 「オリジナルの門をつくろう!」

 奈良市の平城宮いざない館で、小学生を対象にした木工体験のイベントが行われました。

 これは、平城宮跡歴史公園が行っている夏のイベントの一つです。最初に、子どもたちが普段使い慣れていないノコギリやナタなどの使い方が指導されました。11日の催しは、2022年3月、大極殿の南側に完成した「大極門」の復原工事で出たヒノキの端材を使ってオリジナルの門を作るというものです。

端材には限りがあるためこうした催しは2度と開けないといい、参加した小学生は、材料の山から好みのものを選んで作業を進めました。

平城宮跡管理センター 林猛史さんは

「大極門の存在を、より多くの方に知っていただきたいということで、(催しを)企画しました。」と語りました。

子どもたちは木材を切ったり割ったりしながら形を整え、世界に一つしかない門を完成させました。

© 奈良テレビ放送株式会社