自宅でたき火気分 パチパチと炎が弾ける「WoodWick」 約20種類から選ぶ癒しのアロマキャンドル

パチパチと炎が弾ける「Wood Wick」60種の香りから選ぶアロマキャンドル

仕事や家事に追われ、あっという間に過ぎてしまう時間。しかし、長引くコロナ禍の影響によっておうち時間が長くなったからこそ、夜のリラックスタイムを充実させたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

【写真】ゆらめく炎に癒されて… おうちでたき火気分を味わう「Wood Wick」のアロマキャンドル

そんなリラックスタイムをさらに快適にしてくれると人気なのが、おうちで手軽にたき火や暖炉気分が味わえるアロマキャンドル「WoodWick(ウッドウィック)」です。

ゆらゆらと揺れるやわらかな灯りとやさしい香りが心を癒してくれるアロマキャンドルですが、WoodWickシリーズは「音」でも楽しむことができるのです。芯が木でできているのが特徴で、火を灯すと“パチパチッ……、パキッ”と、まるで目の前にたき火があるかのような心地よい音が聞こえてきます。

「聞いて(Sound)」「香って(Scent)」「見て(Sight)」楽しむ。これら3つの“S”が、癒しのひとときをもたらしてくれるのです。

「木(ウッド)でできた芯(ウィック)」という特徴から名付けられた「WoodWick」は、1990年にアメリカのヴァージニア州リンチバーグで設立されたヴァージニアギフトブランズ社が手がける高品質フレグランスキャンドル。品質の高さはもちろん、プロダクトの持つユニークさから、今ではフランス、イギリス、イタリア、韓国、オーストラリアなど世界中の人々から愛されています。日本では、2010年より独占販売をしているローソク製造メーカーのカメヤマ株式会社で購入することができます。

重厚感のある「ハースウィックキャンドル」は、横幅19.2センチ、縦11.5センチ、高さが8.7センチあり、キャンドルにしては大きめサイズ。流れるように揺らめく炎が美しく、シリーズのなかでも高い人気を誇っています。

1番の特徴は、炎が大きく横に広がること。「Hearth(ハース)」とは暖炉を意味し、欧米では家族団らんの象徴ともいわれています。つまり、「ハースウィックキャンドル」は、大切な家族とともに暖炉の揺らめく炎を眺めているときのような心地よさも表現しているのです。

パチパチという音を聞いていると、まるで自宅でキャンプをしているような気分や、暖炉の前でくつろいでいるような心地よさを味わえます。

香りは約20種類。なかでもおすすめなのが、穏やかな夏のそよ風で乾いた“清潔な洗濯物”をイメージした「リネン」の香り。繊細な調香とエッセンシャルオイルを配合した高品質なブレンドワックスによって作られており、洗練された香りを楽しむことができます。

サイズ展開も豊富なため、リビングやバスルーム、デスクなど、シーンを選ばずさまざまな場所で楽しむことができます。たとえば、初めてキャンドルを購入する方でも気軽に楽しむことができるよう、軽く小さなサイズで作られた「プチキャンドル」。さらに、グラスのシェイプが美しいジャータイプの「ジャーキャンドル」は、インテリアとしてもぴったりです。

さらに、3つの層でできている「トリロジータイプ」には、層ごとに異なる香りのプレミアムフレグランスが配合されているため、ゆっくりと溶けていく色と香りのグラデーションも楽しむことができます。

リラックスタイムのおともとして、アロマキャンドル「WoodWick」を選んでみてはいかがでしょうか。

※ラジオ関西『Clip月曜日』2022年8月1日放送回より

© 株式会社ラジオ関西