マルタの教師「私の心の中には中国がある」

習近平国家主席はこのほど、マルタのセント・マーガレット校で中国について学ぶ活動を続けている「中国コーナー」に所属する生徒と教師からのメッセージに返信し、より多くのマルタの青少年が両国の人的・文化交流に参加するよう励ましました。同校で「中国コーナー」を担当する教師のアゾパルディ氏は10日、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の取材に応じて、習主席からの返信について「人を奮い立たせるものだ。私の心の中には中国がある。中国・マルタ両国の『友情の懸け橋』でありつづけたい」と述べました。

アゾパルディ氏は、「(返信を受けて)私は信じられないほどだった。メールで生徒に知らせたところ、皆が興奮した。私どもは教師として心の中に信じるものがある。私の心の中には中国がある。生徒に中国の文化や科学技術を好きにさせると達成感を覚える」と述べました。

アゾパルディ氏はまた、「何年も前から生徒を連れて中国に行きたかった。残念ながらまだ実現していない。だが、子供らを連れて中国の博物館に行って中国の真の姿を見るという計画を今も温めている」と述べました。(提供/CRI)

© 株式会社 Record China