スリランカ前大統領タイに 短期滞在か、亡命求めず

ラジャパクサ氏=2019年(AP=共同)

 【バンコク共同】経済危機による抗議デモの激化を受け、7月に国外逃亡したスリランカのラジャパクサ前大統領が11日、滞在先のシンガポールからタイに到着した。シンガポール紙、ストレーツ・タイムズが伝えた。タイ外務省によると、政治亡命は求めていない。シンガポール滞在のビザ(査証)が期限切れになるためで、タイ滞在は短期間となる見通し。

 タイ外務省は「スリランカ政府から前大統領の入国について要請があった」と説明。前大統領の旅券ではビザなしで最長90日間の滞在が可能で、その後はシンガポールに戻る可能性が高いとみられている。

© 一般社団法人共同通信社