米側は中国側の核心的利益に関わる取引を期待してはならない=外交部

米商務長官の対中関税政策についての発言を受け、外交部の汪文斌報道官は11日の定例記者会見で、貿易戦争には勝者はいないと述べた上で、「中国側の核心的利益に関わる取引を期待してはならない」と米国に忠告しました。

報道によりますと、レモンド米商務長官はブルームバーグのインタビューで、「バイデン大統領は対中関税の一部減免について慎重に検討しているが、ペロシ氏の台湾訪問でこの問題はさらに複雑になった。これについてバイデン大統領はまだ決定を下していない」と話しました。

これを受け、汪報道官は、「米国側は主動的な挑発者であり、危機の製造者でもある。米国側はペロシ氏の台湾訪問の悪質性を真に認識し、それによって生じた深刻な結果を深く反省し、ただちに誤りを正さなければならない。米国側は中国側の核心的利益に関わる取引を期待してはならず、誠実に『一つの中国』の原則と中米の『三つの共同コミュニケ』に立ち返るべきだ」と述べました。(提供/CRI)

© 株式会社 Record China