八戸学院光星5―6愛工大名電 愛工大名電、延長サヨナラ

八戸学院光星―愛工大名電 10回裏愛工大名電無死二、三塁、美濃が中前にサヨナラ打を放つ=甲子園

 愛工大名電が延長十回サヨナラ勝ち。5―5で迎えた十回無死二、三塁から美濃の中前打で試合に終止符を打った。4点を追う七回に5長短打を集め、4点を挙げて追い付いた。七回途中から救援した岩瀬、3番手の山田が得点を許さなかった。

 八戸学院光星は六回から継投したが、2番手の宇田、3番手の渡部がいずれも2失点。

© 一般社団法人共同通信社