リトアニア高官の台湾訪問を強く非難=外交部

リトアニアの運輸通信次官が7日、代表団を率いて5日間の日程で台湾を訪問したと報じられています。これに対し、外交部の汪文斌報道官は11日の定例の記者会見で、「リトアニアの反中国勢力が中国の主権を意図的に侵害し、中国の内政に粗暴に干渉する行為を強く非難する」と述べました。

汪報道官は、「中国とリトアニアの国交樹立に関する共同コミュニケには、『リトアニア政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であり、台湾が中国領土の不可分の一部であることを認める』と明記されている。リトアニア政府は、台湾と公式な関係を持たず、公式交流も行わないと約束した。しかし、リトアニア側は約束を破り、露骨に信義に背く行為を繰り返している」と指摘したうえで、「リトアニアの関係者に対し、『台湾独立』勢力や反中国勢力の手先となって行動することをやめ、誤った道をさらに進まないよう求める」と強調しました。(提供/CRI)

© 株式会社 Record China