中日の大島が新型コロナ陽性 DeNAのオースティンらも

 中日は12日、大島洋平外野手が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。球団によると同日朝に発熱の症状が出たために検査した。

 DeNAではオースティン外野手、三上朋也投手、田中浩康内野守備走塁コーチが陽性判定を受けた。いずれも無症状で11日のスクリーニング検査で判明。濃厚接触者と判定されるチーム関係者はいなかった。ソフトバンクの大竹耕太郎投手、渡辺陸捕手も陽性となった。

 広島では1軍の球団スタッフ1人が陽性となった。10日に発熱し、11日に受けたPCR検査で判明した。

© 一般社団法人共同通信社