大幸薬品、2期連続の赤字へ 「クレベリン」返品響く

 大幸薬品は12日、未定としていた2022年12月期の連結業績予想を発表し、売上高が60億円、純損失が33億円になると見通した。会計基準を変更したため前期との比較はできないが、赤字は2期連続。新型コロナウイルス流行で空間除菌をうたった主力商品「クレベリン」の広告を巡り、消費者庁から景品表示法違反(優良誤認)に基づく再発防止命令を受け、多額の返品が発生したことが響いた。

 命令を受けた対象のクレベリンは商品パッケージを変更し「再販売を行うめどが立った」とした。消費者庁から課徴金の納付命令を受ける可能性はあるが、現時点で算定は困難として業績予想には含めていない。

© 一般社団法人共同通信社