【栃木】那須高原道路/栃木県道17号那須高原線 〜 那須茶臼岳に向って走る山岳道路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.31]

道の概要

那須高原は、東京から約180km、東京と仙台のほぼ中間に位置し、北関東最大級のリゾート地となっている。北西部には雄大な那須連山の主峰・茶臼岳(1,915m)がそびえ、山麓地帯には西暦630年開湯の歴史ある那須温泉郷、多くの宿泊施設や別荘地、殺生石などの史跡やテーマパーク、さらには皇室の方が静養する御用邸があることから「ロイヤルリゾート那須」として知られている。那須周辺のツーリングでは走った後はのんびりとリゾート気分にひたるのもいいかもしれない。

那須高原道路は那須湯本から大丸・ロープウェイ山麓駅を経て、峠の茶屋へ至る周回ルート。上りルートでは茶臼岳を中心とする那須連山を望みながら走ることになる。沿道には那須高原展望台、奥那須の秘湯大丸温泉や北温泉などがある。新緑と紅葉の季節は色づく木々の中を走り抜けるツーリングが楽しめる。

終点の駐車場からの展望も素晴らしく、雲海で有名な場所でもあるので、夏の早朝、下界が雲で覆われていたら、ワインディングの最後で雲を突き抜けて、夜明けの雲海に出会えるかもしれない。

走りを楽しむなら、高原道路の途中から県道290号でマウントジーンズのスキー場前を走る那須甲子線がいい。適度なカーブで高原を走り抜ける。その後は国道289号で東北地方最長4345mの甲子トンネルを抜けて会津方面へロングツーリングも可能だ。

お薦めのシーズン

1. 新緑の季節から紅葉が見頃を迎えるまで。10月中旬~11月上旬までの紅葉シーズンは渋滞する。

周辺立ち寄りポイント

◆つつじ吊り橋
休暇村那須から少し下ったところ。駐車場から木道で5分。全長130m、高さ38m。栃木県では2番目に長い吊り橋。揺れるのでスリル感は高い。

◆那須高原展望台
第100番目の「恋人の聖地」として認定された展望台。茶臼岳や北関東の平野部を眺望できる。

◆那須ロープウェイ
茶臼岳の7合目から9合目にある山頂駅までを結ぶ。茶臼岳は強風で有名なので、それなりの準備をして利用しよう。毎時00分、20分、40分の20分間隔での運行している。

◆元湯 鹿の湯
建物は昭和16年に改築され、そのままの姿を受け継いでいる。ひなびた木造建築が魅力の人気温泉で@、41度から48度のお湯を楽しめる。尚シャンプー類は使用禁止だ。

DATA
総延長:約20km
道の駅:那須高原友愛の森
アクセス:
・東北自動車道・那須IC~県道17号
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 栃木県道17号那須高原線

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

詳しい情報をチェック

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる!
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

詳しい情報をチェック## 【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

Filter byAll 中国 中部 九州 北海道 北陸・甲信越 四国 東北 沖縄 関東 関西

© パークアップ株式会社