【岐阜/石川】白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道) 〜 世界遺産と日本海を結ぶ山岳ワインイディング〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.46]

道の概要

合掌造りで知られ、世界遺産に登録された白川郷と、霊峰白山の北側を越えて石川県白山市に至る山岳ワインディングロード。かつては白山スーパー林道と呼よばれていたが、2015年に白山白川郷ホワイトロードへと名称変更がなされた有料道路である。路面状況、林道内の観光スポット、距離等を考えると、この値段に見合った道路と言えるだろう。

紅葉の時期が最も美しい景色を見せてくれるが、10月中旬の休日には、開門8時前の料金所に2~300mの渋滞車列ができるので覚悟しよう。

白川郷城山展望台近くからスーパー林道に向かい、料金所を過ぎると一気に白川郷展望台まで駆け上る開放的な道路。ヘアピンと直線路が連続する走り応えのある道が続いている。そこから三方岩までは断崖を切り裂いた道を走るため、災害復旧工事が頻繁に行われている。三方岩周辺は紅葉の絶景スポットとしても有名だ。

石川県側は蛇谷渓谷沿いを下って(登って)いく。有名なふくべの大滝、道路から徒歩30分以上の秘境の湯など、観光地としての魅力は石川県の方がある。

二輪は通行禁止なので、バイクツーリングとしては白川郷を起点に国道156号の南と北の区間がお薦めだ。北上すると五箇山を通り、庄川沿いの美しい渓谷を眺めながら富山県の砺波市に至る。南に下ると、ロックフィル式の御母衣ダムを経由して今注目の高原リゾートひるがの高原を走る爽快な道となっている。長良川沿いに南下して郡上八幡を通り、そのまま濃尾平野に向う。東海北陸自動車道の開通で国道の走行車両が激減し、ツーリングにはもってこいの渋滞のない素晴らしい景色の快走路になっている。

お薦めのシーズン

1. 6月開通後の新緑の季節と紅葉が見頃となる10月。

周辺立ち寄りポイント

◆白川郷
世界遺産。週末は混雑する(コロナ禍以前)合掌造りの町並の撮影は萩町城跡展望台から。

◆合掌造り集落
白川郷は混雑するが、五箇山合掌造り集落と菅沼合掌造り集落の2つは空いているのでお薦め。

DATA
総延長:約○○ km
道の駅:瀬女、白川郷
アクセス:
・岐阜側/東海北陸自動車道 白川郷IC~国道156号
・石川側/北陸自動車道小松IC~国道360号
冬季閉鎖:11月初旬~6月初旬 (積雪状況により変動)
注意:石川県側の中宮料金所から白川郷間は二輪通行禁止。
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(白山白川郷ホワイトロード)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

詳しい情報をチェック

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる!
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

詳しい情報をチェック## 【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

Filter byAll 中国 中部 九州 北海道 北陸・甲信越 四国 東北 沖縄 関東 関西

© パークアップ株式会社