放クラ、アルスト、ノクチルの3ユニットが出演した「シャニマス」初の対バンライブ「SETSUNA BEAT」DAY1レポート

バンダイナムコエンターテインメントは、2022年8月13日・14日に東京ガーデンシアターにて、「アイドルマスターシャイニーカラーズ」のライブイベント「シャニマス初の対バンライブ 283PRODUCTION UNIT LIVE SETSUNA BEAT」を開催。ここでは、8月13日のDAY1公演の模様をレポートする。

■DAY1出演者

放課後クライマックスガールズ
河野 ひより(小宮 果穂役) / 白石 晴香(園田 智代子役) / 永井 真里子(西城 樹里役) / 丸岡 和佳奈(杜野 凛世役) / 涼本 あきほ(有栖川 夏葉役)

アルストロメリア
前川 涼子(大崎 甜花役) / 芝崎 典子(桑山 千雪役)

ノクチル
和久井 優(浅倉 透役) / 土屋 李央(樋口円香役) / 田嶌 紗蘭(福丸 小糸役) / 岡咲 美保(市川 雛菜役)

“シャニマス初の対バンライブ”として行われた今回のライブ。どのような構成のライブイベントになるのか気になるところだったが、オープニングを飾ったのはアルストロメリアの「アルストロメリア」。黒木 ほの香さん(大崎 甘奈役)は残念ながら体調不良のため出演見送りになってしまったものの(https://idolmaster-official.jp/live_event/283unitlive_setsunabeat/)、黒木さんの歌声も収録音源として届けるかたちで披露された。

今回のコンセプトなどを紹介するMCを挟んで、続いては「Bloomy!」を披露。そのキュートなパフォーマンスはもちろんのこと、配信ではステージ上をドローンカメラがぐるぐると回転するなど、さまざまなカメラアングルで楽しむことができた。さらに「ラブ・ボナペティート」では曲間に出現したTAPボタンを配信のプロデューサーが押した結果か、最後のサビでお菓子が画面上に出現する演出が用意されていた。

そしてアルストロメリアが締めくくりとして披露したのは壮大なバラードナンバー「Anniversary」。これまでのキュートさを押し出した楽曲とは明確に違う、エモーショナルな歌声がプロデューサーの心を掴む、圧巻のパフォーマンスとなっていた。

次に登場したのは放課後クライマックスガールズ。挨拶代わりに披露した「よりみちサンセット」は、息のあった振り付けで楽曲の空気感を表現するとともに、キラキラとした表情が印象的。続く「拝啓タイムカプセル」はドローンカメラに向けたアピールなどもありつつ、丸岡さんが会場のプロデューサーに向けてクラップをお願いしたり、白石さんが落ちサビ部分でのロングトーンを披露したりと、見どころたっぷりだった。

MCでもユニットのカラーを出しながら盛り上げていったところで、続いて披露したのは「太陽キッス」。カラフルな布を振り回しながら、会場のボルテージを上げていく。畳み掛けるような歌唱にもライブならではの臨場感を感じさせる。

おなじみの口上から最後に披露したのは「夢咲After school」。ユニットカラーを全面に押し出した楽曲を会場と一緒になって盛り上げていき、曲の終盤では配信の画面上に学校感あふれる画面演出が施されていた。

3組目として登場したのはノクチル。「あの花のように」では透明感のある楽曲に乗せて、柔らかな歌声を届ける。アイドルを感じさせる表情や仕草、お互いを見合うシーンなども印象的だ。さらに、ノクチルにとって始まりの曲である「いつだって僕らは」では、ユニットのイメージに合わせて水が流れるような画面演出が用意されていた。

続く「今しかない瞬間を」では、なんとノクチルのメンバーが自分たちでカメラを持つ“自撮り”のスタイルで歌う、楽曲の持つイメージにもピッタリの、青春の1ページを切り取ったような演出も。そして「僕らだけの未来の空」は、まさにノクチルらしい空気感があふれた楽曲で、最後のハイタッチも印象的だった。

これで3組全てのパフォーマンスが披露されたわけだが、ここで新衣装「インフィニットキュリオシティー」に身を包んだほかの2ユニットが登場し、これまでのパフォーマンスを振り返る。もちろんここでライブは終了というわけではなく、ここからはシャッフルパートへと移っていく。

まずはアルストロメリアがイルミネーションスターズの「Happy Funny Lucky」を、ユニットならではのカラーを押し出すかたちで披露。続いて、放課後クライマックスガールズのメンバーが歌ったのはアルストロメリアの「ハピリリ」。これまであまりイメージの無かったユニットの可愛らしい一面が見えるパフォーマンスとなっていた。

土屋さん、田嶌さん、河野さん、芝崎さんの4人が披露したのはアンティーカの「NEO THEORY FANTASY」。冒頭の掛け合いも再現しつつ、各ユニットのカラーにはないカッコよさを存分に表現していった。

白石さん、岡咲さん、和久井さん、前川さんに、収録音源の黒木さんの組み合わせで披露されたのはシーズの「OH MY GOD」。オリジナルのものに少しアレンジを加えた振り付けもさることながら、この組み合わせならではのキュートな面も垣間見えるものになっていた。

このように、ユニット単位でのカバーに留まらず、3ユニット混合メンバーでのここだけのパフォーマンスも届けてくれたシャッフルパート。その余韻も覚めやらないまま、MCを挟んで3ユニット全員で「SWEET♡STEP」をキュートに披露した。

4thライブのBlu-ray発売情報などの告知を経て、アンコールに応えるかたちで再び出演者が揃ってステージに登場。一人ひとりがライブの感想を述べると、最後に届けたのは「FUTURITY SMILE」。優しく歌い上げるその姿は、楽しいライブの終わりを感じさせた。

■セットリスト

M01 アルストロメリア/アルストロメリア
M02 Bloomy!/アルストロメリア
M03 ラブ・ボナペティート/アルストロメリア
M04 Anniversary/アルストロメリア
M05 よりみちサンセット/放課後クライマックスガールズ
M06 拝啓タイムカプセル/放課後クライマックスガールズ
M07 太陽キッス/放課後クライマックスガールズ
M08 夢咲きAfter school/放課後クライマックスガールズ
M09 あの花のように/ノクチル
M10 いつだって僕らは/ノクチル
M11 今しかない瞬間を/ノクチル
M12 僕らだけの未来の空/ノクチル
M13 Happy Funny Lucky/黒木ほの香/前川涼子/芝崎典子
M14 ハピリリ/丸岡和佳奈/白石晴香/河野ひより/永井真里子/涼本あきほ
M15 NEO THEORY FANTASY/土屋李央/田嶌紗蘭/河野ひより/芝崎典子
M16 OH MY GOD/白石晴香/前川涼子/黒木ほの香/岡咲美保/和久井優
M17 SWEET♡STEP/シャイニーカラーズ
アンコール
M18 FUTURITY SMILE/シャイニーカラーズ

THE IDOLM@STERTM& (C)Bandai Namco Entertainment Inc.

アイドルマスター シャイニーカラーズの情報を見る

© 株式会社イクセル