ハイレベルの開放拡大を堅持する決意は不変=外交部

外交部の汪文斌報道官は12日の定例記者会見で、国際情勢がいかに変化しようとも、ハイレベルの開放の拡大を堅持する中国の決意は変わらないと強調しました。

中国貿易促進会がこのほど発表した最新版の外資ビジネス環境調査リポートでは、大部分の外資系企業が中国における長期的発展の見通しを楽観視していることが明らかになりました。汪報道官は同件に関連する質問に答えて、「外資系企業が中国における投資の将来性を楽観視しているのは、中国経済の強靭(きょうじん)さや将来性、巨大市場、中国製品によるサプライチェーンのネットワークを信頼しているほか、我々が揺らぐことなくハイレベルの開放を推進し、多国間貿易体制を支持し、外資に対して市場化、法治化、国際化のビジネス環境を提供し続けていることにも起因する。国際情勢がいかに変化しようとも、ハイレベルの開放の拡大を堅持する中国の決意や、発展のチャンスを世界と共有する決意、経済のグローバル化をより開放的で包括的、普遍的、バランスが取れてウィンウィンに推進するといった決意は変わらない」と述べました。(提供/CRI)

© 株式会社 Record China