山崎賢人主演『アトムの童』、ハナコ・岡部大、風間杜夫ら新キャスト10名発表

日曜劇場『アトムの童』新キャスト陣(C)TBS

俳優の山崎賢人が主演する10月スタートの日曜劇場『アトムの童(こ)』より、ハナコ岡部大戸田菜穂風間杜夫ら総勢10名の出演者が発表された。

本作は、ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が大資本の企業に立ち向かう姿と、周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿を描く。『相棒』『この恋あたためますか』などを手がけた神森万里江による完全オリジナルストーリーだ。主人公・安積那由他を山崎賢人が演じるほか、那由他の過去を知る重要人物・菅生隼人役で松下洸平、老舗玩具メーカー「アトム玩具」の一人娘・富永海役で岸井ゆきのの出演を発表している

このたび新たな出演者が決定。岡部大ハナコ)、馬場徹六角慎司玄理飯沼愛戸田菜穂皆川猿時塚地武雅ドランクドラゴン)、でんでん風間杜夫の総勢10名だ。

岡部が演じるのは、那由他が間借りしているネットカフェの店長・森田聡。森田は那由他の学生時代の先輩であり、那由他が若き天才ゲーム開発者の「ジョン・ドゥ」であることを知る数少ない人物だ。

馬場が演じる井手大は、岸井演じる海が「アトム玩具」を継ぐ前の勤務先である「やよい銀行」の融資担当。2017年放送の日曜劇場『陸王』でも銀行の企業融資担当役を演じており、その時はクールで感情の見えない人物だったが、本作では海にとって頼れる先輩で、ゲーム業界にも詳しいという役どころだ。

六角は、那由他が後に戦いを挑む大資本の企業「SAGAS(サガス)」の社長秘書・吉崎誠を演じる。

玄理が演じるのは、ゲーム販売やインディー開発者の手助けをするパブリッシャー・相良晶。松下演じる隼人とは昔から付き合いがあり、「アトム玩具」が開発するゲーム製作・販売に大きく関わることになる。

昨年の「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』で約9000人の中から初代グランプリに選ばれた飯沼愛。現在放送中のドラマストリーム『パパとムスメの7日間』でも主演を務めている。彼女が、本作で岡部演じる森田が経営するネットカフェのアルバイト店員・杉野結衣を演じる。

戸田は、那由他と隼人の過去を知る緒方奏絵を演じる。日曜劇場への出演は、2009年放送の『JIN‐仁‐』以来となる。

皆川は、海が勤める「やよい銀行」神田支店の支店長・小山田賢雄を演じる。「やよい銀行」は「アトム玩具」と「SAGAS(サガス)」のメインバンクであり、今後のストーリーに「やよい銀行」が関係してくる。日曜劇場への出演は本作が初めて。

ドランクドラゴン塚地武雅は、「アトム玩具」の技術を支える造形師・各務英次を演じる。カプセルトイ用のフィギュアを製作していて、若手社員の指導にもあたる。

でんでんが演じるのは、「アトム玩具」専務の八重樫謙吾。会社の生き字引で仕事に誇りを持っていて、塚地演じる各務とともに従業員の教育係で、海の“爺や”でもある。

風間杜夫は、海の父親であり、小規模経営ながら日本の精巧なものづくり技術を世界に知らしめた「アトム玩具」の二代目社長・富永繁雄を演じる。金儲けは二の次で「ルーブル美術館に置いてもらえる玩具を作る」という夢を持つ人物だ。

日曜劇場『アトムの童』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

© ブロードメディア株式会社