スパイも経費で苦労する!? 現役のTVプロデューサーが書いた暴露型情報小説

「暴露系情報小説」という興味をそそるキャッチフレーズで話題を集めているのが、川嶋芳生による小説『FOX 海上保安庁情報調査室』(徳間書店:刊)。現役のTVプロデューサーである川嶋氏が、自身が仕事をするうえで知り合った海上保安庁の元日本人スパイから聞いた話をベースに作り上げた、ほぼノンフィクションに近いエンターテインメント小説だ。

著者の川嶋氏に顔出しNGを条件に、小説を書くことになったキッカケから、知られざる日本人スパイの素顔、昨今の世界情勢、そしてこの小説から感じ取ってほしいことまで多岐にわたって伺った。

▲川嶋氏は柔和な受け答えのなかに、しっかりとした知性を漂わせた人だった

伝えられなかった事実をエンタメとして紹介したかった

――現在も現役のTVプロデューサーである川嶋さんが、『FOX 海上保安庁情報調査室』を上梓することになったキッカケについてまずお伺いしたいのですが。

川嶋 自分が記者だった時代に、この本に出てくるような、いわゆる日本におけるスパイをされている方と知り合ったんです。その方が非常にユニークで、話も面白いのでずっと興味は抱いていたんです。やはり国家公務員なので、持っている情報を開示してはいけないという仕組みになっていますので、その方が退官されまして、そこがクリアになり次第、一緒に出せたらと話していて、出版に至った感じです。

――なるほど。リリースに暴露系情報小説という文言があり、すごく刺激的で、こんなにも上手に小説の魅力を伝えている言葉はないなと思いました。

川嶋 ありがとうございます。その言葉は担当編集者のアイデアなので感謝です(笑)。暴露系情報小説という言葉にもつながるんですが、ニュースの記事、週刊誌もそうなんですが、裏取りというのが必要な時代で、100%確固たるものがないと書けないんですね。そこで、調査した結果が全て明らかになったものでも取り上げられなかったものもあり、題材として面白いものがたくさんあったので、それをエンターテイメントとして皆さんに紹介できたら、というのが大きな動機ですね。

――今回読ませていただいて、裏取りがうまくできなかったり、時間が経ってしまったり、いろいろなしがらみがあったせいで、明らかにならないまま埋もれていくものって、たくさんあるんだろうなって感じました。

川嶋 そうですね。読んだ方に“そういうことがある”ということが、少しでも伝わっているとうれしいです。

スパイ活動にかかる経費は落ちない!?

――これを読んで気になるのは、日本におけるスパイって、どんな方がやっているんだろう、どういう給料制なんだろう、とか。そういう普通のことが知りたくなってしまいました。

川嶋 わかります、気になりますよね。私がお会いしたのは、海上保安庁の情報操作室という実際にある組織なんですけど、海上保安庁の組織図では大っぴらに公開している組織ではありません。給与に関しては、海上保安官の方々と同じ給与ですね。俗に“海猿”と言われる、特殊任務をされる方々のほうが、給料としては幾分か高いかと思います。

――えーっ、そうなんですね! なんとなく世知辛く感じてしまいます。

川嶋 さらに、諜報活動でお金がかかったりするんですが、ほとんど自腹と聞きます。例えばCIAやFBIから呼び出しがかかって、行かざるを得ないときのタクシー代とか、携帯電話もいくつか持っていないと情報収集ができない。でも、これも全て自腹らしいですね。

――それはもう……かなり同情しますね。そういう方が日本を危機から救っている、と言っても過言ではないのに……。

川嶋 ですので、海上保安庁の情報調査室といえども、何にどう使ったか、そこをきちんと説明できないと経費としては認められない。これは一般企業に務める会社員の方と変わらないですね。

――現在は働き方改革などが叫ばれている時代ですが、情報調査室はそういう風潮とは間逆なイメージがあります。

川嶋 私自身もTV局で働く立場として、その風潮を肌で感じることが多いんですが、やはりスパイという仕事は、対面で情報収集するのが基本なので。呼ばれたり呼んだりするのも昼夜を問わない。いちばん前時代的な仕事をしているかもしれません(笑)。

――リモートとは、かなり遠い仕事なのかもしれませんね。

川嶋 そこで考えると、我々もリモート会議とかだと、どなたが自分の意見に賛成していて、どんな空気をまとっているのか、建前上の話に終始してしまって、対面じゃないとわからない部分も多いですよね。あと、会議の前後にする雑談のなかに、種になる話や重要な話が紛れている可能性もあるな、というのは感じました。

――この本を読んでいてリアリティがあると思ったのが、登場人物がきちんと家族構成まで描かれているところです。やはり仕事が仕事なので、家族に対しても守秘義務があるものなのでしょうか?

川嶋 そうですね。「あんたどこに行くのよ!」と奥さんに言われたりとか、子どもに泣かれたりとか……。行事などには参加できないことが多いそうですし、残念なことに離婚されてしまう方も多いと聞いています。

――ツラい……。川嶋さんがそこで働く方にお話を伺っていくうえで、それでも情報調査室で仕事をする理由、やりがいというのはどこにあると感じましたか?

川嶋 新聞記者の方々もそうだと思うんですが、世の中にまだ知られていない情報を先にキャッチする醍醐味はあるでしょうね。あとは国のためにやっている、自分たちの仕事が日本の安全保障の一端を担っているのがやり甲斐であると、その方はおっしゃってました。

――ちなみに、川嶋さんがお話を聞いている方は、作中に出てくる山下に近い感じなんですか?

川嶋 そうですね。筋骨隆々で、マーシャルアーツの心得もある。電車に乗っていてもずっとつま先立ちで立って、鍛えているようなストイックな方です(笑)。

ロシアによるウクライナ侵攻で学ぶべきこと

――この本を読んで感じたのは、ノンフィクションを伝えるためのフィクションの物語であるということ。最先端のミサイルの技術とか、燃料の話とか、常識として知っておきたい知識はもちろん、先ほどもお話しましたが、やはりリアルを元に描かれているので、単なるスパイ小説よりもずっと説得力があるし、単純にエンタメとして面白いです。

川嶋 ありがとうございます。まさに、この本で感じてほしいところだったのでうれしいです。私の中では、ほぼ事実に近いことだけど、ニュースでは伝えられないこと。でも、これだけは皆さんに知ってほしいところをうまく脚色して、作品の中に詰め込んだつもりです。

――少し前まではロシアのウクライナ侵攻があり、国民の興味が国防に注がれていたような気がするのですが、現在は物価上昇、経済に興味が移っているように感じます。先日の参院選でも公約のその部分を強調する政党や議員が多い印象で、マスメディアもそこに焦点を当てていたような気がします。自分はそこまで国防問題に明るいわけではないですが、あまりにも早いスピードで興味が移り変わっていくのは問題なんじゃないかと思っていて。

川嶋 そうですね。国会で議論されたのは「敵基地攻撃能力」をどうするかなんですが、敵基地攻撃能力というのは、簡単に言うと弾道ミサイルの発射基地など、敵の基地を直接攻撃できる能力です。今回のロシアのウクライナ侵攻だと、ウクライナは自国が攻撃された際に一生懸命防衛しているけども、一方のロシアは自国を攻撃されないまま、相手の国のなかだけで戦っている。ウクライナのクレメンチュークにあるショッピングモールで買い物しているとミサイルが飛んでくる、というのはまさにそれですよね。

――よくニュースで見ました。

川嶋 ウクライナの人々が、いつミサイルが飛んでくるかわからない状況なのに、ロシアがそんな危険に晒されることはない。これは戦争の形態として完全におかしい、ほぼ侵略に近い。このように、敵基地攻撃能力を有しない限り、侵略の危険性とは隣合わせになっているということは認識すべきだと思います。

――なるほど。あのニュースを見て、そこを感じ取らないといけないわけですね。

川嶋 あと、今回のロシアによるウクライナ侵攻で学ぶべきことは、ウクライナも建物の下に大勢の人を収容できる防空壕を作っているところです。フィンランドとかもそうなんですが、第二次世界大戦を経験した国は有事の際の備えがしっかりしています。日本がそこまでしっかりしているかというと、残念ながらそうではないと言えると思います。

――この本を読んで、有事の際の備えが本当に大事だなと改めて思いました。

川嶋 本でも描いておりますが、ミサイルで攻撃されたとき、どうやって人命を救うか。今後、本当に考えなければならないテーマだと思います。

――たしかに有事が起こった際、どこに逃げ込まなきゃいけないか、自分も含め多くの人が知らないですよね。

川嶋 悲しいですが、日本人に決定的に欠けている点は、最悪のシナリオを想定していないところ。原子力発電所を作るとなった場合、本来なら有事の際、どうするべきかという議論がなされるべきですが、実際、東日本大震災が発生するまでは、原子力発電所は安全ですと言われていて、議論さえなされなかった。この場合、想定されていなかったことが非常に問題で、どこかの国、例えば北朝鮮がミサイルを日本に打ち込んでくるかもしれない。それをシナリオとして想定しておくことが重要だと考えます。

――本を読んでいるときに、北朝鮮がミサイルを発射した話が出てきて、“あ、そういうことあったなあ”って思い出すぐらいでした。あのとき、ちょうど自分は北海道にいて、ミサイルも北海道の上空を飛んでいった、という緊張感のある状況だったのに、すでに忘れている。

川嶋 そういう方が大多数だと思います。そんななかで、小池都知事が「地下鉄を有事の際の避難場所にする」と言ってました。こういう新しい動きも個人的には注視したいと思っています。

映像化という未来があればうれしい

――川嶋さんが別のインタビューで語っていたことで「ご自身のTVプロデューサーとしての感覚と、本の編集者の感覚が違うなって思った」と語っておられましたが、そこをもっと具体的に伺ってもいいですか?

川嶋 僕は自分の感覚で、テンポや場面展開、エンターテイメントになるように書いたんですけど、“そこのボリュームはあえて抑えたほうが、この後の展開が活きますよ”とかを編集者の方に教えてもらって。実際にそう直してみたら、たしかに全体が締まったので、さすがだなと(笑)。編集の方が意識したのは、例えアクションシーンが事実に基づいたノンフィクションだとしても、“多すぎるとリアリティがなくなる”ということらしいです。

――終盤、基本的にはクールだった主人公の山下が、珍しく感情を露わにしたように読めました。そこには、いかんともし難いことや、普通の人では関与することができないブラックボックスへの憤りもあるのではないかと思ったのですが、川嶋さんがこの本から国防や危機意識以外に、感じ取ってほしいことはありますか?

川嶋 日本という国の置かれた位置関係は、中国・北朝鮮・韓国・ロシアなど、いつ何時どうなるかわからない国と隣り合わせに位置しているわけです。そこも認識していただきたかったし、国際情勢的にこれまで長くアメリカが世界のリーダーとしてやってきたなかで、中国の勢いが無視できない状況まできている。近い将来、さまざまなことが大きく変わる可能性があるなか、新しい時代に向けて日本がどうするべきかを考えていただきたかったですね。

――たしかに世界情勢がこんなふうになっていくなんて、10年前だったらほとんどの人が想像してなさそうですよね。

川嶋 韓国もつい先日、宇宙にロケットを打ち上げましたが、あれはただ宇宙開発のためだけではなくて、自分たちも弾道ミサイルを打てるぞ、という意思表示であると受け取りました。繰り返しになりますが、日ごろから皆さんには安全保障という面で認識を深めていただきたいと思っています。

――では最後に、川嶋さんの今後の目標をお伺いしてもいいですか?

川嶋 まずはこの本を売る、徳間書店さんにご迷惑をかけない、ということが第一。そしてその先に、私もTVマンですし、映像化という未来があればうれしいですね。

――映像化! 例えば、どなたに山下の役をやってもらって、谷りさ子の役はこの人、とかはあるんですか?

川嶋 逆に読んだ方にお聞きしたいんですよ、誰がいいと思いますか?(笑)

――(笑)。山下は西島秀俊さんのイメージ、谷さんは広瀬アリスさんとか…?

川嶋 いいですね、こうやって考えるだけなら自由なので、これが現実になるように、ひとりでも多くの方に読んでいただきたいです。


© 株式会社ワニブックス