【熊本】阿蘇ミルクロード 〜 ぐるりと阿蘇外輪山を周る絶景スカイライン〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.91]

道の概要

『阿蘇ミルクロード』は、阿蘇外輪山の北西道の駅大津付近の県道339号から12号、45号を経由し、外輪山の北東部に至る約45㎞の道だ。ほぼ全線にわたって阿蘇山を見ることができ、しかも緑豊かな牧草地の中を走る快走路だ。商売優先の観光施設がほとんどないので、大自然の雰囲気を残した中を走りに徹することもできる。ミルクロードはカルデラ側を走る西向きに走るのがお薦めだ。

やまなみハイウェイから西に向ってミルクロードに入ると、阿蘇五岳と外輪山を眺望しながら緑豊かなすすきや牧場の草原の中を走る。周辺は牧場にもなっているので牛馬優先だ。そしてミルクロードで最も有名な展望地「大観峰」では、世界最大規模のカルデラの大水田地帯と阿蘇五岳を眺望する。阿蘇五岳の山容はお釈迦様が横になっているように見えることから釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)と言われている。ここは駐車スペースも広大だが、夏の観光シーズンには、観光バスやマイカー、バイクで満杯になる。早朝は久住連山から昇る朝日と牧場の朝霧、カルデラを覆う雲海が大変美しい。早起きというか深夜から待機だ。

西に進むと絶景展望台が次々と現れる。阿蘇スカイライン展望所、西湯浦園地展望所、かぶと岩展望所、走っていれば誰もが「おお~」となる場所だ。そして、一時大人気となったラピュタの道(天空の道)は、残念ながら熊本地震で道路が崩落し現在は通行止めで入り口は閉鎖され駐車場も利用できない。崩落の程度から復旧はなかなか厳しい状況だ。

県道339号に入った道は、草原と森林の合間を走りながら下っていく。最後のスポットは豊後街道二重峠(ふたえのとうげ)石畳だ。石畳のはじまる街道から50mほど進むと視界が突然ひらけ、阿蘇山と阿蘇赤水平野を眺めることができる絶景スポット。江戸時代の参勤交代の際に利用された由緒ある歴史街道だ。

ミルクロードは、この後終点(始点)にあたる大津道の駅付近で終わりとなる。阿蘇ツーリングでは、県道57号を東進し、もうひとつの絶景ロード「阿蘇登山道路」(阿蘇パノラマライン)をめざすのが定番だ。

お薦めのシーズン

1. 緑輝く夏や雲海が見られる秋もいい。

周辺立ち寄りポイント

◆大観峰
阿蘇外輪山の最高峰。言わずとしれた最も有名な阿蘇眺望場所。多くのライダーが集結。週末は混む。早朝は霧や雲海が綺麗。展望台へは駐車場から少し登る。

◆西湯浦園地展望所(にしゆのうらえんちてんぼうしょ)
ミルクロードと阿蘇スカイラインが交わる交差点そばにある有料の展望所(300円)。レストランも併設されている。

◆かぶと岩展望所
2016年の熊本地震によって公園を含めた外輪山斜面が崩壊したため、展望台と遊歩道は立入禁止となったが、2020年4月に新しい展望デッキが完成した。トイレ・自販機あり。

◆ラピュタの道
一世を風靡した絶景地。ミルクロードから外輪山の麓までつづく「阿蘇市道狩尾幹線」という曲がりくねった農作業用の山道。残念ながら熊本地震で道路が崩落し現在は通行止めで入り口は閉鎖されている。

DATA
総延長:約45km
道の駅: 阿蘇、波野、大津
アクセス:熊本から/九州自動車道・熊本IC~国道57号~県道339号
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(ミルクロード)

「大分・阿蘇ツーリングキャンペーン」 でホテル宿泊券や温泉入浴券をゲット!

大分・阿蘇ツーリングキャンペーン実行委員会は「第 10 回 BLF in 大分・日田」の開催を記念して、「大分・阿蘇ツーリングキャンペーン」を開催する。大分県内や阿蘇地区を中心とした熊本県内のチェックポイントをバイクでツーリングし、九州の魅力・バイクの魅力を体感しよう。専用アプリを使い、指定場所でチェックインすれば豪華賞品が当たるかも!?

開催期間:2022年8月26日(金)〜11月30日(水)。詳しくは下記からチェックしよう!

キャンペーン詳細記事はこちら## ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

詳しい情報をチェック

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる!
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

詳しい情報をチェック## 【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

Filter byAll 中国 中部 九州 北海道 北陸・甲信越 四国 東北 沖縄 関東 関西

© パークアップ株式会社