栗山千明の酒豪伝説…芋焼酎の四合瓶1本が平均、最長で18時間「眠くてもお酒を飲むと元気になる」

栗山千明が、8月13日放送の『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)で酒豪ぶりを語った。

居酒屋でトークする番組だけに、栗山はビールを飲んで「一口めは特にキますね」と笑い、続いて芋焼酎ロックを注文。

栗山は「お酒がないとご飯が進まない人なので、日中はあまりご飯を食べない。そのぶん、夜に美味しいお酒と食事を」と晩酌を大切にしているという。

飲む量については「(芋焼酎の)四合瓶1本は飲みます。それくらいが平均だと思います」と告白。

TOKIO・松岡昌宏から「最高ってどれくらい飲んだ?」と聞かれ、栗山は「18時間とか……。だいぶ若い頃ですが、夜から飲み始めて翌日の昼くらい」と回想。「眠くてもお酒を飲むと元気になりませんか? 起きちゃうんですよ、元気になって」と話していた。

栗山の酒豪ぶりにSNSでは大きな反響が寄せられた。

《栗山千明ちゃんてリアルでも酒豪なのか。常時四合瓶一本空けてるってヤバイなw 》

《若いうちは飲めるよね!歳食うと段々飲めなくなるよ》

《未だに黒髪ミステリアスガールさん》

「栗山さんは同番組で、店のカウンターでひとりで飲むこともあり、京都の立ち飲み屋でひとりで飲むと『常連さんが親しく話しかけてくださるので楽しく飲んでます』とコメント。

さらに、酔ってマンションに帰ると、傘がつっかえ棒のようになって玄関が開かず、『玄関の外で靴を脱いで休んでいた』と話していました」(芸能ライター)

ドラマ『晩酌の流儀』(テレビ東京系)に主演する栗山だが、まさにハマり役だったのだ。

© 株式会社光文社