《太平洋戦争・終戦77年》廃墟を前に「戦争、いつの世も“フェイク”に惑わされ」核の脅威、沖縄返還…この夏に思う 照屋盛喜さん

1919年(大正8)に完成、戦後は国の庁舎、大阪大学工学部の校舎、自衛隊地方連絡部庁舎としても使われた

2022年8月15日、太平洋戦争の終戦から77年を迎えた。敗戦をラジオの玉音放送で知った少年は、ことし90歳になる。

【写真】廃墟の前で~核の脅威、沖縄返還…この夏に思う

今も地域の子どもたちや民間団体に向けて「戦争語り部」として平和の尊さを訴える照屋盛喜さん(大阪市城東区)。12歳だった1945年8月14日、米軍のB29爆撃機が大阪城内にあった「大阪陸軍造兵廠(大阪砲兵工廠)を爆撃し、近くの国鉄・京橋駅にも1トン爆弾が落とされた。死者は身元が確認できただけで200人あまりにのぼり、実際の犠牲者は500人を超えるとされている。

朽ち果てた砲兵工廠・化学分析場跡は自宅からも近い。終戦の日を前に、改めてここを訪れた照屋さんは、「これが、隆盛を誇った東洋一の軍需工場の現状。窓ガラスは外れ、ベニヤ板がはがれ、完全に廃墟だ。これが太平洋戦争の結末。はるか昔、太閤さん(豊臣秀吉)が築いた大阪城の敷地の片隅に、この哀れともいえる姿が放置されて残っている意味合いをわかってほしい。もう2度と、戦争という愚かなことを起こすまいと、子どもも大人も誓ってほしい。輝かしい大阪城の天守閣が見下ろす、朽ちたレンガの建物。このコントラストが日本の歴史の現実だ」と話す。

■“フェイク”を信じ込まされる戦争、日本もロシアも同じ

毎年、蝉の声を聞きながら思い出すのは「戦時中はラジオのニュースで毎日のように『皇軍(日本軍)は連戦連勝』という内容を聴いていた。明治時代の日清、日露戦争の勝利に始まり、日本は世界一強い国だと信じ込まされていた。しかし先の太平洋戦争は、そうではなかった。1945年8月15日に、そのラジオから聞こえてきた『玉音放送』は、様相が違っていた。皆、ひざまずいて地面に手をたたきつけて泣いていた。日本は負けたことを悟った。終戦後にわかることだが、日本は世界から孤立して、時代遅れの戦力で欧米列強に完敗することは目に見えていた。国民はメディアを通して事実と異なることを伝えられていた」と話す。

それから77年を経た2022年2月、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まる。短期収束を、と願う私たちの気持ちとは裏腹に混迷の度を深め、勃発から半年が経とうとしている。侵攻が始まってほどなく、ロシア国営テレビ局の番組に乱入してウクライナ侵攻に抗議した女性ジャーナリストが注目された。

女性はテレビカメラに向かい「戦争反対」と叫び、「プロパガンダを信じるな」などと書いた紙を広げたのだ。

照屋さんは「今では、インスタグラムやツイッターなどSNSが主流。私たちの世代は、名前は聞くがそうしたものに触れることはない。(国際報道を見聞きする限りでは)ただロシアでは、国民がさまざまな情報に対して自由にアクセスすることを防ぐため、多くのSNSを制限したと聞く。さらに『フェイクニュース(誤った情報)』を発信して世論を操作したのではないか」と、太平洋戦争時の日本と似ていると指摘した。

そして「ただ当時と異なる点は、当時の日本は、国としてまだまだ貧しかったが、ロシアは広大な国土と豊富な資源がありながら、まだウクライナまで手に入れようとしている。やはり、プーチン(大統領)が、ソビエトという幻影を見ていたから、この悲劇(ウクライナ侵攻)が始まったのではないか。
深刻なのは、ロシア国内でフェイクニュースがはびこっていることを利用して、(ロシアにとって)都合が悪いことは逆に『フェイクニュース』としてうやむやにしているような印象を受ける。ロシア国民のプーチン支持のコメントなどを見れば、『自国は正しい』と思い込まされているような印象を受けた」とみている。

日本に住むウクライナ人は、自国への軍事侵攻直後に指摘した。「主にテレビなどメディア報道は、プーチン大統領の考えをそのままロシア国民へ発信するプロパガンダと化した。ロシア国民は、そこに疑いを持つこともない」と怒りを隠さなかった。

■「戦争に負けるとは、こういうことなのか」

照屋さんにとって2022年は、自らのルーツである沖縄の本土返還50年という特別な年でもある。祖父の代に沖縄・首里(現在の那覇市東部・旧首里市)から関西に移り住んだ。沖縄で生活した経験はないが、返還直後の1972(昭和47)年に“ふるさと”へ足を踏み入れた。

「首里城のすぐ近くが住まいだった。まだ『B円』という、アメリカ軍占領下の沖縄で、通貨として流通したアメリカ軍発行の軍票を見て驚いた。

しかも車は右側通行(※のちに左側通行へ変更される。いわゆる「730」)。本土に復帰した祝賀ムードを感じながら、「敗戦国としての日本、占領されたオキナワ」の姿を見たという。

今も思うのは「祖父は生活の豊かさを求めて、沖縄から関西へやって来た。でも生まれ故郷を捨てたんじゃない。自然豊かな沖縄は観光分野で成長したたが、経済そのものはアメリカ軍基地に大きく依存した。裏を返せば、戦争に負け、何も発言することが出来なかったのかも知れない」と寂しそうな表情を見せた。

しかし沖縄県の玉城デニー知事は本土返還50年を迎えた2022年5月、『アメリカ軍基地の跡地利用で雇用や経済に非常に高い効果が実現している』と発言している。振興が進むにつれてアメリカ軍に依存した経済構造から抜け出しつつあるというのだ。
照屋さんは「知事の発言通りになれば、沖縄はかつての琉球王国のような、鮮やかな花々と、青く透き通った海に囲まれた姿を取り戻せるかもしれない。しかし、そこへ至るまでの道のりは容易ではない。戦争に負ける、ということは、真の復興までに相当な苦労と時間がかかるということ」と訴える。

■改めて感じる「核の恐ろしさ」~シェアすることで生じる責任

2022年夏、照屋さんは改めて「核」の恐ろしさも感じている。ロシアによるウクライナ侵攻、さらに台湾への圧力とも威嚇とも受け取れる中国の軍事演習…
「核兵器はいかなる理由があろうとも、保有してはいけない。アメリカ、北朝鮮、インド、中国、そしてロシアなどが保有する現実。日本でも『相手国からの攻撃を回避するために核兵器の保有が必要』とする意見もあるが、いかなる場合も核は必要がない。あまりにも代償が大きすぎる。恐ろしい空襲を体験したからこそ言える」と力を込めた。
核兵器を共同運用する「ニュークリア・シェアリング(核兵器の共有)」についても照屋さんは、「日本は責任も共有しなければならないことになる。そうなると、日本で核を使用する決断を誰ができるのか」と考える。

照屋さんは終戦前日、8月14日に開かれた京橋駅慰霊祭で「日本は自由で平和な世の中になりました。今の日本を見て、安心してお休み下さい」と亡くなった方々に語り掛けていたが、最近変わってきた。
「子どもたちが心底から笑って暮らせるように、ダメなものはダメ、おかしいことはおかしいと声を上げることができる社会にしたい。大切なのは、偽りを見抜く知識を身に着ける教育。今のロシアと、太平洋戦争時の日本をみれば、戦争ほど情報をかく乱させ、人々の心をもてあそぶものはないのだから」と話した。

照屋さんは「太平洋戦争も、沖縄返還も昭和の出来事。”昭和はどんどん遠くなりにけり”とでも言おうか。記録は遠いものになっているが、記憶は裏切らない」と訴えかける。
そして「ロシアによるウクライナ軍事侵攻は令和に起きた。今の子どもたちにとって、はるか昔の歴史物語ではなく、いつ再燃してもおかしくないことだと、生ある限り語り続けたい」と前を向く。

・・・・・・・・・・・・・・・・

※沖縄が本土に復帰して6年後の1978年7月30日、それまで沖縄県内の道路ではアメリカ統治下で車の進行方向が「右側通行」だったが、一夜にして全く逆の「左側通行」に変更された。周知するためのキャンペーン名称として、実施日から「730(ナナサンマル)」と呼ばれ、実施後はその変更そのもの指す通称となった。

© 株式会社ラジオ関西