名称変更、政治家問い合わせなし 旧統一教会巡り答弁書

 政府は15日、2015年の世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の名称変更を巡り、官邸や与党政治家らから文化庁へ問い合わせがあったかどうかについて「現時点で確認されていない」とする答弁書を閣議決定した。共産党の宮本徹衆院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書によると、15年に教団から申請を受理し、審査した上で認証を決定。当時の下村博文文部科学相へ事前に報告した。首相や官邸関係者、政治家への説明については「調査に膨大な時間を要し、答えることは困難だが、現時点で確認されていない」とした。

© 一般社団法人共同通信社