千葉県内8月15日 新たに5075人コロナ感染 15人死亡

千葉県内8月15日 新たに5075人コロナ感染 15人死亡

 千葉県などの発表によりますと、8月15日、新たに新型コロナウイルス感染が確認されたのは5075人で、10歳未満から90代以上の男女、合わせて15人の死亡も確認されました。

 15日午後1時現在の重症者は19人です。

 15日の感染者数は先週月曜日と比べ、1967人減っています。

 また、死亡が確認された、70代の男性と90代以上の男性の合わせて2人は、いずれも基礎疾患があり、感染判明後は軽症だったため自宅療養をしていましたが、その後、別の疾患により、亡くなったということです。

 さらに、10歳未満の男の子は、感染が判明し、一度は帰宅したものの、後日、医師の判断で入院し、治療を受けてきましたが、新型コロナと基礎疾患の悪化により、亡くなったということです。

 また、15日は、高齢者施設や医療機関など、県内19か所で新たなクラスターの発生が、確認されました。

© 千葉テレビ放送株式会社