危険示す看板や金網設置も…川の水に足を浸しながらマージャンに興じる人々―中国

マージャン好きが多いと言われる中国四川省では、川辺や浅瀬などに椅子やテーブルを並べて「水上マージャン」を楽しむ光景が夏の風物詩となっているが、SNS上にこのほど、同省の崇州市にある川で、水深の深い所があると危険を知らせる看板や立ち入りを禁止する金網が設置されているにもかかわらず水上マージャンを楽しむ人々の様子が投稿され、物議を醸している。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に14日、その様子を映した動画が投稿されると、ウェイボー利用者からは「警告を無視する人はどこにもいる」「どんな警告をしても通じない人はいる」「彼らは頭がおかしい」「こんな汚い所でマージャンをして楽しいか?」「エアコン代を払う金もないのか?」などと批判的な声が多く上がった。(翻訳・編集/柳川)

© 株式会社 Record China