起業や新規事業を後押し 大船渡ビジコン2022、10月末まで募集

講師の説明に耳を傾けるプラン作成支援講座の参加者

 大船渡ビジネスプランコンテスト2022(実行委主催)は10月31日まで応募を受け付けている。起業や新規事業の立ち上げを後押しして、地元の活性化につなげる狙い。幅広く参加者を募っている。

 15歳以上が対象で高校生と一般に分けてエントリーを募るドリーム部門と、市内に事業所がある、もしくは市内で起業を予定する人向けのビジネス部門を募集。同部門の最優秀賞には副賞30万円が贈られるなど起業を支える。

 実行委はプラン作成支援講座も開催。9日は大船渡市盛町のカメリアホールで、応募予定者ら7人を対象に、昨年度のビジネス部門最優秀賞の三陸エンリッチメント研究室の土方剛史代表(43)、岩手大研究支援・産学連携センターの今井潤教授(57)が講師を務めた。

 市ホームページからダウンロードした応募用紙に必要事項を記入し、事務局の商工港湾部産業政策室までメール(ofu_sangyo@city.ofunato.iwate.jp)でデータを送るか直接持ち込む。問い合わせは事務局(0192.27.3111)へ。

© 株式会社岩手日報社